カラマネ小話

Adobe RGBカラースペースの有用性

よくわかるカラーマネージメント(カラマネ小話)

Adobe RGBカラースペースの有用性

Adobe RGBの広い色域の活用

Adobe RGB (アドビアール・ジー・ビー) とは、アドビシステムズ社が1998年に提唱した実用的なRGB空間の定義となっており、下の色域の比較グラフからも分かるように、sRGBと比較すると、青から緑にかけての部分など、一部色域の範囲が大きくなっています。高性能なスキャナやデジタル一眼レフカメラなどでは、 Adobe RGBの色域を持ったものがほとんどで、Adobe PhotoshopでもAdobe RGB色域で保存された画像データを扱えます。また、ハイエンドインクジェットプリンタでもAdobe RGB色域相当で作品プリントができます。そうすると、その画像データを表示するためのモニターにも、Adobe RGBの広い色域を表示できることが求められるようになります。

モニター上での色校正の精度も向上

モニターがAdobe RGBの色域を表現できるようになれば、Adobe RGBモードで撮影した画像データをモニター上で正しい色域で表示でき、さらに補正を行う際にもその精度が高められるというメリットがあります。プリプレスの分野においては、下のグラフで分かるように、Adobe RGBは印刷分野の標準色の一つであるJMPA カラー (雑誌広告基準カラー) 、JAPAN COLORの色域をカバーしているので、商用印刷においてもAdobe RGBの色を表現できるモニターがあれば、モニター上で色の校正を行うソフトプルーフの精度が一層高まるといえます。

さらに、従来のCMYK (青、赤、黄、黒) の4色にOG (オレンジ、グリーン) を加えたより鮮やかで発色のよい「ヘキサクローム印刷」などのように、色域がsRGBよりも大変広いものも出てきました。このようなデータを扱うようになると、求められる画像品位も高いものとなりますので、モニターの色域の広さがより一層求められることになります。

また、映像制作、CG・アニメーションの分野においては、出力先に応じてDCI、Rec.709などさまざまな規格での表示が必要です。広い色域を持ち、各規格を再現できるモード、機能を持つモニターを使う事で、制作の段階から実際の見え方をリファレンスしながら作業することができます。

色補正図