課題

チーム医療のパフォーマンスを
低下させる、煩雑な手術室。

情報のデジタル化、カメラでの術野映像の撮影、そして主流となったチーム医療の成功のために不可欠なスタッフ間の情報共有など、手術室における映像機器の重要性は年々高まっています。しかし、手術室内のスペースには限りがあり、映像機器が増えることで手術台周辺が煩雑になってしまうという問題があります。

提案

ニーズに応じた映像環境を
プランニング

映像のスペシャリストであるEIZOと、手術映像システムで長年実績あるカリーナシステムが一体化したプロフェッショナルなコンサルティング。
手術室で求められる映像環境の全体像を把握し、それぞれのニーズに合わせた映像表示機器や映像操作ソフトウェアを提案します。さらに、ネットワーク配線も含めた総合的なシステムの構築も行い、安心・安全・清潔な手術環境を実現します。

チーム医療を成功に導く
手術室映像システム

術野映像の撮影から、記録、配信、表示まで一気通貫のシステムを構築するEIZOグループ。
内視鏡や顕微鏡、手術部位を撮影するカメラからの術野映像をはじめ、心拍や脳波などの生体情報、X線や超音波などの検査画像、さらに患者情報など、多種多様な画像とデータを医療スタッフ間でスムーズに共有できる最先端の映像システムを構築し、チーム医療を成功に導きます。

多種多様な映像を大画面に集約するIVR検査向けシステム
多種多様な映像を大画面に集約する
IVR検査向けシステム

IVR検査では、血管造影や超音波、CTなど多くの映像が同時に必要となります。複数の画像を一つの画面に集約して表示する大画面モニター、多種多様な映像信号を集約し、好みのレイアウトで見やすく配置できる信号配信マネージャーなどにより、情報の一覧性や業務効率の向上が期待できます。


Product Finder

ソリューション
治療・手術
用途
リセット

対象製品