国内最大の国際海事展 SEA JAPAN 2022に出展しました
SEA JAPAN 2022出展のお知らせ

 

EIZOの舶用映像ソリューション

新世代のチャートテーブルモニターから、船内機器組込みに適したECDIS/レーダー表示用のモニター、また船内外・港湾監視に適した映像表示機器まで、採用するシステムや用途に合わせて選べる豊富なラインナップを提案しています。



舶用映像ソリューション
EIZOは無人運航船プロジェクト「MEGURI2040」 DFFASコンソーシアムに参画しています
(公財)日本財団が実施する無人運航船の実証実験プログラムに、DFFAS(Designing the Future of Full Autonomous Ship)コンソーシアムメンバーとして参画。無人運航船の実現に向けて、遠隔操船時に本船の安全を確保する非常対応システムの開発に携わっています。

具体的には、EIZOグループの製品群で構成する映像の「撮影・伝送・記録・表示」のImaging Chainの強みを生かし、映像の船陸間伝送、船内・陸上での映像記録、陸上支援センターでの映像の統合表示を担当しています。

陸上支援センター
EIZOモニターが複数枚配置された陸上支援センター(DFFAS CONSORTIUM提供 / 無断複製・転用お断り)

2022年3月 世界初の無人運航実証実験成功のニュースリリースはこちら

ECDIS/レーダー用船舶搭載モニター

世界各国の船級を取得

船舶機器としての信頼性を保証すべく、NK(日本)、LR(イギリス)、ABS(アメリカ)、DNV(ノルウェー/ドイツ)などの主要な船級を取得しています。
 

防塵・防滴のIP65対応

パネルマウントモデルの正面部は、防塵・防滴のIP(International Protection)65に対応しています。 IP65の「6」は、通電/稼動部への異物の接触に対する完全な保護と粉体の侵入に対する保護を表し、「5」は、機器に向けられた噴流水が危害を加えないことを表しています。
 

ECDIS/レーダー認証を取得

ECDIS(電子海図表示システム)、レーダーに求められる以下要件に適合することを第三者認証で認められています。

  • 耐熱や耐震、耐ノイズに関するIEC 60945
  • ECDISの要件・基準を定義するIEC 61174
  • 航海機器における情報表示に関する要件・基準を定義するIEC 62288のうち、モニターに関する部分
  • レーダーの要件・基準を定義するIEC 62388
     

国内初、船舶市場向けモニター4機種が電子海図表示システムの認証を取得

電子海図での航路設定に
先進のチャートテーブルモニター

電子海図での航路設定や航行監視を行うための55型・46型大画面チャートテーブルモニターをラインナップしています。複数人で囲んで操作できるタッチパネル搭載モニターです。

55型4K:DuraVision MDU5501WT
46型フルHD:DuraVision MDF4601WT

チャートテーブル

船内外・港湾監視にも監視・セキュリティ向けIPモニター

船舶内外や港湾の監視には、EIZOの監視・セキュリティ向けIPソリューションを提案します。EIZOのIPモニターまたはIPデコーディングボックスを使えば、複数のIPカメラを直接接続でき、1画面に監視映像を一覧表示できます。また、EIZO独自の視認性向上技術を活用することで、夜間や暗い場所でもリアルタイムに見やすく補正された映像を確認できます。

船内外・港湾監視にも監視・セキュリティ向けIPモニター

EIZOグループならではのトータルサポート

EIZOは、グループ会社であるカリーナシステム株式会社の製品と組み合わせ、映像の撮影から撮影映像のエンコード、デコード、記録、モニターでの表示までトータルでご提案できます。
ニーズに合った船内外でのリアルタイム監視ソリューションをお客様と一緒に検討できます。
 

EIZOならではのトータルサポート

海事総合誌 COMPASSに当社の取材記事が掲載されました(2021年9月号)

映像で新たな価値創出を
当社の舶用製品の紹介から、進行中の無人運航船プロジェクトや今後の展望まで、映像ソリューションを通した舶用業界への貢献について語っています。

海事総合誌 COMPASS

Sea Japan 2018出展報告

Sea Japan 2018

Product Finder

ソリューション
船舶
スペック
パネルサイズ
解像度
入力端子
タッチ操作
IP65対応
リセット

対象製品