HDR制作ワークフローを正しい色表示でサポート

近年、動画配信や放送で導入が進むHDR(ハイダイナミックレンジ)は、被写体の明暗の幅(ダイナミックレンジ)を広く捉えることで、人間の目で見たようなリアルな見え方を再現できる表示技術です。

HDR表示対応のColorEdge シリーズは、撮影、編集・画像処理からカラーグレーディングにいたるワークフロー全体を正しい色表示で力強くサポートします。

< HDR制作ワークフロー >

 

カラーグレーディングに
EIZO初のHDRリファレンスモニター ColorEdge PROMINENCE CG3145は、カラーグレーディング作業に必要な高輝度・高コントラスト比を実現。さらに、配信・映画制作向けのHDR「PQ方式」、放送向けのHDR「Hybrid Log Gamma方式」を含むさまざまな規格のガンマに適応しているため、幅広いジャンルのコンテンツを確認・評価できます。

 

編集・制作工程に
ColorEdge CG319XCG279Xは、HDR PQ方式、HLG方式の両方に対応したHDRシリーズです。画面輝度は300cd/m2ながら、HDRプレビュー確認を行えるため、制作段階から仕上がりの色イメージを正確に把握できます。

 

放送・報道の編集工程に
FlexScan EV2785-HLは、HDR HLG方式に対応した特別仕様の4K液晶モニターです。4K/8K放送の基準となるBT.2020に準拠したSDR/HDRカラーモードを搭載し、番組編集のプレビュー確認に有効です。

FlexScan EV2785-HL

HDR解説コンテンツ公開中!

よくわかる、HDR徹底解説!
HDRの基本から最新トレンド、おすすめの制作ワークフローまでやさしく解説しています。


 



HDRとは?解説記事を公開中
テレビからiPhoneまでHDRの現状についてわかりやすく解説した記事です。

<ITmedia PC USER 掲載>
 

業界基準色を忠実に再現できる

ColorEdge CGシリーズは、Adobe® RGBを99%カバーし、さらにRec.709やデジタルシネマ規格のDCI-P3もほぼ忠実に再現できる広色域対応です。

広告写真やゲーム、映画など、制作物の展開先に合わせて最適な表示を提供します。

専用カラーマネージメントソフトウェアで色管理をサポート

ColorEdge専用キャリブレーションソフトウェア「ColorNavigator 7」を使うことで、ゲーム、広告、Webコンテンツ制作など、それぞれの業務に合った正確な色表示を実現します。


カラーマネージメントソフトウェア

ColorNavigator 7の詳細はこちら

 

CG制作者のためのカラーマネージメントは、こちらの連載記事で詳しく紹介されています。

安心、4Kモニター導入ガイド

4Kモニターの導入前に安心。パソコンとの互換性や、快適にお使いいただくための各種情報をご案内しています。

Product Finder

ソリューション
3DCG
スペック
サイズ/解像度
デバイスエミュレーション機能
ColorNavigator 6
ColorNavigator NX
リセット

対象製品