株主投資家の皆さまへ

EIZOのあゆみ

一貫して映像関連製品を作り続けています。

創業/OEM生産 1968 創業。
家庭用テレビ及び関連機器のOEM生産(委託生産)からスタートしました。
その後、テーブル型ゲーム(インベーダー)やVTRなども生産しました。
1981 コンピュータ用CRT(ブラウン管)モニターのOEM生産を開始しました。
この頃には自社ブランド立ち上げへの想いが高まっていました。
自社ブランドの確立 1985 自社設計のコンピュータ用CRTモニターを開発・製造し、
自社ブランド「EIZO」にて欧州で販売開始しました。
次いで北米でも自社ブランド「NANAO」にて販売開始しました。
当時の日本ではモニター単体での市場は未成熟でした。
1991 国内でも自社ブランド「NANAO」にてCRTモニターの販売を開始しました。
海外からEIZOモニターが逆輸入され日本国内でも評判となっていたことから、国内でのビジネスの可能性を確信しました。
1992 アミューズメント用モニターの製造・販売を開始しました。
1996 欧州で「EIZO」、北米と日本で「NANAO」と分かれていたブランド名を「EIZO」に統一しました。
デバイスの変化に対応 1997 モニターのデバイス(表示部品)がブラウン管から液晶パネルへ移行するのに対応し、いち早くコンピュータ用液晶モニターの開発・生産・販売を開始しました。
当社最初のモデルは14.1インチ。当時の価格で約40万円でした。
2002 使用用途・分野に特化した製品の開発をスタート。
医療市場向け液晶モニターの開発・生産・販売を開始しました。
東京証券取引所市場第2部に株式上場しました。
2003 グラフィックス市場向け液晶モニターを開発・生産・販売を開始しました。
東京証券取引所市場第1部に株式上場しました。
2004 液晶テレビの開発・製造・販売を開始しました。(現在は販売終了)
M&Aを通じた新技術・新顧客の獲得 2007 2月:アメリカのTech Source, Inc.を買収し、ATC(航空管制)市場向けモニター事業に参入しました。
10月:ドイツのSiemens AGより医療市場向けモニター事業を買収し、医療市場向け事業を強化しました。
2009 2月:ドイツのeg-electronic GmbHからモニターおよびモニター用コントローラーボード事業を買収し、産業市場向け事業を強化しました。
海外競争力の強化 2010 3月:中国・蘇州に生産子会社china.jpgを設立(10月営業開始)しました。
2011 8月:ドイツにEIZO Europe GmbHを、イギリスにEIZO Limitedを設立。
2012年より営業を開始し、欧州における直販体制となりました。
2013 4月:「株式会社ナナオ」から「EIZO株式会社」に社名変更。
ブランドと社名を一致させることにより、グローバルでの競争力を一層高めます。
2015 10月:EIZOメディカルソリューションズ株式会社を設立し、イメーション株式会社 の医療市場向けシステムインテグレーション事業を譲受しました。
2016 7月:パナソニック ヘルスケア株式会社の手術・内視鏡用モニター事業を譲受しました。
2018

3月:手術室向けシステムソリューションを主力事業とするカリーナシステム株式会社の全株式を取得し、子会社化
4月:創業50周年

10月:EIZOメディカルソリューションズ株式会社を吸収合併しました。