診断・検査分野に

課題

診断に迷いを生じさせる、
不鮮明な医用画像。

マンモグラフィやCR、CT、MRI、内視鏡、PET、3D-CTなど、多岐に渡る医用画像。正確な診断と最適な医療の提供には、微細な陰影やわずかな濃淡差を含め、忠実に再現することが不可欠です。

提案

再現性の高い鮮明なモニターで、
診断の迷いを断ち切る

EIZOの医用画像表示モニターRadiForceは、微妙な陰影や濃淡が再現できる多階調DICOM Part14準拠や、診察室などの明るい環境で高い視認性を保つための高輝度など、医療現場で必要な高い機能と性能を備えています。

診療科目の特性に合わせて選べる
豊富な製品ラインナップ

RadiForceはモニターの機種も豊富。様々な解像度・機能・サイズを取り揃えているため、診療科ごとのニーズにマッチする最適なモニターを選択することが可能です。

 

常に安定した表示品質を維持

モニターの表示品質は、時間の経過と共に緩やかに変化します。RadiForceは、常に安定した輝度を保つ機能や品質管理が容易におこなえる内蔵センサーを搭載。常に安定した表示品質を維持できます。

円滑な導入に向けたシステムの互換性テストを実施

EIZOは、ビジネスパートナーと協調し、ヘルスケア向けワークステーション(WS)/デスクトップパソコン(PC)とモニターの互換性を検証しています。新しいWS/PCと問題なく使えるかどうか、いち早く、かつ豊富な経験とノウハウに裏付けられた専門的なテストを行うことで、高い信頼性と確実な運用が求められる院内システムの円滑な導入を支援します。

検証項目例
  • WS/PCと組み合わせたシステムが安定動作する
  • 医用画像をDICOM表示できる画質品位である

互換性を検証したWS/PC一覧

富士通株式会社

Product Finder

ソリューション
診断・検査
用途
スペック
解像度
パネルサイズ
リセット

対象製品