カラマネ小話

【連載】制作者のための「Webカラマネ講座」 ICCプロファイル編

企業ホームページ、ECサイト、ブログ、SNSなど、Webに画像を掲載する機会のある方は多くいらっしゃいます。皆さんが掲載した製品や商品、制作物などの画像は、読者に意図した色で伝わっていますか?

Webサイトにもいくつかのルールと注意点があります。このコンテンツでは、EIZOで検証した結果をもとに、マメ知識を交えながらWebにおける色管理やカラーマネージメントを連載形式で解説していきます。

 

第1回 Webブラウザ編 第2回 ICCプロファイル編 第3回 モバイルデバイス編

 

第2回 ICCプロファイルのカラーマネージメント

第1回 Webブラウザ編でご覧いただいた通り、Web制作者が意図した色で制作を行うためには、制作データにカラープロファイルを埋め込むことが非常に重要です。さらに、Webブラウザ環境に依存せずに正しい色表示をするためには、プロファイルのバージョンの違いについても配慮する必要があります。第2回目となる今回は、ICCプロファイルの2つのバージョン(Version 2とVersion 4)を紹介し、EIZOでの検証結果をもとにWebブラウザごとのICCプロファイル対応状況について解説します。

 

 

ICCプロファイルとは?

国際標準化団体であるICC(International Color Consortium)によって策定された、デバイスごとのカラー特性情報が記述されたファイルです。
第1回 Webブラウザ編で登場した「カラープロファイル」「モニタープロファイル」もICCプロファイルに含まれます。
このICCファイルを使用することにより、デバイスごとの色特性に依存することなく標準的色空間を介して色情報を正しくやり取りできるようになります。

 

ICCプロファイルの2つのバージョン

ICCプロファイルには2つのバージョンがあります。

  • Version 2:従来から使用されているバージョン。互換性に優れる
  • Version 4:より明確に定義づけされた後方互換バージョン。より精度の高い表示が可能

 

代表的なカラープロファイルのバージョン一覧

カラープロファイル名 Adobe RGB (1998) sRGB IEC 61966-2.1 Display P3
ICCプロファイルのVersion 2(2.1.0) 2(2.1.0) 4(4.0.0)

 

上記表のように、sRGBやAdobe RGBはVersion 2、Display P3はVersion 4というように、カラープロファイルにもそれぞれバージョンが存在しますが、ここでWeb制作者が注意すべき点は、Webブラウザごとに対応しているICCプロファイルバージョンが異なることです。
例えば、Version 2にしか対応していないWebブラウザでVersion 4のプロファイルが埋め込まれたデータを表示した場合は、制作者が意図した色で表示されない恐れがあります。

下記表に、Webブラウザごとのプロファイル対応バージョンをまとめています。
Web制作者は、Version 2 / Version 4どちらの環境で表示される場合も考慮して、制作データには「sRGBプロファイル」を埋め込むことをお勧めします。sRGBはどのWebブラウザでも対応するVersion 2が定義されているからです。

 

WebブラウザごとのICCプロファイル対応バージョン一覧

ブラウザ名 Chrome Firefox Internet Explorer Safari
ブラウザバージョン 78.0.3904.70 70.0 11.805.17763.0 13.0.2(15608.2.30.1.1)
使用したOS Windows 10 Windows 10 Windows 10 macOS mojave (10.14)
ICCプロファイルの対応Version 4 2 4 4
  • 2019年10月時点のWebブラウザで検証した結果です。Webブラウザのアップデート状況によっては異なる可能性がありますのでご了承ください。

 

現在使用しているWebブラウザのICCプロファイル バージョン対応状況は、下記のICCのWebサイトからも確認できます。
http://www.color.org/version4html.xalter
  • 画像が正しい色で表示されている場合 → Version 4に対応している 
  • 画像の色がおかしい場合       → Version 4に非対応、もしくはVersion 2・Version 4両方非対応

 

Photoshopでカラープロファイルを確認する方法

Photoshopで画像データに埋め込まれたカラープロファイルを簡単に確認する方法

画像データをPhotoshopで開き、画像左下部の▶マークを右クリックして、「ドキュメントのプロファイル」を選択。
画像を開く度に一目でカラープロファイルを確認できて便利です。

 

Photoshopで埋め込まれたプロファイルを変換する方法

上部メニューバー>「編集」タブから、「プロファイル変換」を選択。
「プロファイル」のプルダウンメニューから、変換したいプロファイル名を選択する。

 
 

 

【参考】ICCプロファイルバージョンの確認方法

ICCプロファイルは、お使いのPCのOSに保存されているため、ご自身でICCプロファイルの詳細バージョンを確認することもできます。詳細の手順は下記をご覧ください。
 

Windowsの場合(Windows 10)

設定→ディスプレイ→ディスプレイの詳細設定→アダプターのプロパティ→色の管理→「すべてのプロファイル」タブ→
ICCプロファイルの一覧から確認したいものを選択。→バージョンが表示される。

 

Macの場合(macOS Catalina(10.15.1))

システム環境設定→ディスプレイ→カラー→プロファイルを開く

 

まとめ

  • ICCプロファイルには2つのバージョン(Version 2、Version 4)があり、Webブラウザごとに対応しているプロファイルバージョンは異なります。

  • sRGBカラープロファイルはプロファイルVersion 2であり、Version 2、Version 4対応のどちらのブラウザでも正しい⾊で表⽰されます。

  • Webに掲載する画像データには、汎用性の高いsRGBカラープロファイルを埋め込むことをおすすめします。

 

 

Webコンテンツ制作におすすめのモニター

CS2410
ColorEdge CS2410

 

sRGB_img_cs2410.jpg

専用ソフトを使って汎用性の高いsRGB表示環境を維持。コストパフォーマンスよく導入できる。

 


CS2410をARを使って試し置きできます!
bnr_ar.jpg


 

カラマネ小話一覧に戻る

 

第1回 Webブラウザ編 第2回 ICCプロファイル編 第3回 モバイルデバイス編


 

ピックアップ

  • 悩んでいるあなたに…おすすめのColorEdgeをご提案
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • ColorEdge 写真家100名、唯一の選択
  • 映像制作者のためのカラーワークフロー連載
  • Cool Japanを支える、EIZO 導入企業様一覧
  • 3DCGでのカラーマネージメントがよくわかる!読み物公開中
  • 雑誌掲載記事
  • ColorEdge受賞
  • 開催イベントのあゆみ
  • 壁紙データ
prev next