国際総合印刷機材展「IGAS2015」出展報告

IGAS2015 国際総合印刷機材展

 

IGAS2015 EIZOブースの様子

2015年9月11日~16日の6日間、東京ビッグサイト東館で行われた、4年に一度の国際印刷機材見本市「IGAS2015」にEIZOブースを出展し、プリプレス、デザイン、など印刷関連会社を中心に多くの方にお越しいただきました。

ブースでは、「質の高いものづくりに―EIZOのカラーマネージメントソリューションを―」というテーマのもと、印刷の各ワークフロー向けにEIZO ColorEdgeおよびFlexScan EVシリーズを使ったソリューションを提案しました。
展示会名称 IGAS2015 国際総合印刷機材展
会期 2015年9月11日(金)~16日(水) 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト 東館ホール(当社ブース:東1ホールNo.1-16)

印刷物の制作・確認に

高画素画像もくっきり!先進の4Kモニター(CG248-4K)での校正紙およびカンプとのカラーマッチングをお見せしました。
クライアントとの最終確認時やデザイナー/フォトグラファーの入稿時に、あらかじめモニター上で仕上がり色の確認ができる、出力紙との色が合うメリットを紹介しました。ブースでは、4Kならではの細やかでシャープな表現を目で見て実感いただきました。

印刷物の最終色確認に

色確認用ライトブース(LB-01)を使って、印刷用評価光源のもと、高演色KeleidoプリントとColorEdge画面に表示したデータがカラーマッチングすることをお見せしました。(協力:東洋インキ株式会社様)
ColorEdgeだからできる、鮮やかな色彩の再現を実機で確認いただき、「かなり色が合っていますね!」と、特にプリプレス工程の来場者に感心いただけました。
また、LB-01を使うと、色校正をモニター画面上で完結させる「モニタープルーフ」の実現にも有効です。印刷工程のみならず、デザイン部門を含むワークフロー全体での導入メリットも提案しました。

  • ColorEdge CG247
  • ライトブースLB-01
 

IGAS2015 EIZOブースの様子

DTP・デザインに、カラーマネージメントのすすめ

ColorEdge CS240-CNX3と正方形モニターFlexScan EV2730Qの2面使いを紹介しました。正しい色で画像や写真の編集を行いつつ、同時に縦横A3ノビ実寸でDTP作業を行える広い作業領域のメリットを紹介しました。
これからカラーマネージメントを始める方には、ColorEdge CS240-CNX3をおすすめします。測色センサーと専用カラーマネージメントソフトウェアColorNavigator 6が付属され、コストパフォーマンスよく、すぐにカラーマネージメントを始めることができます。

 

IGAS2015 EIZOブースの様子

ColorEdgeと一般的なモニターの違い

sRGB相当の一般的な27型液晶モニターと、ColorEdge CX271を並べて展示し、表現できる色の違いや階調の滑らかさの違いを説明しました。
ColorEdgeならではの広色域再現、ムラのない均一な画面表示、滑らかなグラデーションの表現など、おすすめポイントを一目で確認できると好評でした。
iMacやMacノートPCユーザーの方は、ColorEdgeに同梱されているケーブル一本で簡単にに2画面環境を構築できるのでおすすめです!

  • ColorEdge CX271

4Kコンテンツのマルチユース事例

31.1型の大画面4K液晶モニター(CG318-4K)を用いて、4K動画コンテンツをiPadおよび紙面へ展開したマルチユース事例をご紹介しました。(協力:凸版印刷株式会社様)
異なるデバイスへ展開するときも、それぞれの見え方に合わせて調整することができるので、制作の段階から最終的な色表示を確認できます。

■タブレットコンテンツへ展開する場合:
タブレット端末での見え方をモニター上で再現できる、『エミュレーション機能』がおすすめです。詳しくはこちら
■紙面へ展開する場合:
商用印刷(Japan Color/JMPAカラー)を再現できるので、印刷の色味を制作の段階からご確認いただけます。

 

IGAS2015 EIZOブースの様子

EIZOブース内セミナー

EIZOブースでは、会期中毎日、印刷のプロフェッショナルをお招きしてセミナーを開催しました。
今回は以下3名の講師をお迎えし、それぞれテーマに沿ってお話しいただきました。

■株式会社山田写真製版所
取締役 技術開発室長 プリンティングアーツディレクター
熊倉 桂三 氏 
『ColorEdge 導入印刷会社の実際』

■凸版印刷株式会社
情報コミュニケーション事業本部凸版アイデアセンター クリエイティブ本部 映像企画部IT課長
高橋 隼人 氏
『マルチコンテンツ・マルチユースの事例紹介』

■東洋インキ株式会社
技術センターグラフィックソリューションセンター カスタマーサポート1部 第1課
帶川 武史 氏
『Kaleido~広色域印刷での再現性の訴求』

 

IGAS2015_HandBook.jpg

 

セミナーでは、印刷のワークフローにまつわるノウハウや、印刷現場で実際にEIZOモニターを使ってみての感想を率直に語っていただき、いずれの回も来場者は熱心に耳を傾けていました。一回20分と限られた時間でしたが、一時は通路にまで人があふれ、注目度の高さがうかがえました。

また、弊社からも『デジタルワークフロー別モニター色管理の基本』『 高解像度・高密度・広色域 4Kモニターのご提案』というテーマで皆様の業務に役に立つ情報を発信しました。

セミナー聴講特典として、EIZO発行の非売品「カラマネ冊子」を差し上げました。

 
 

IGAS2015 EIZOブースの様子

 

ピックアップ

  • 悩んでいるあなたに…おすすめのColorEdgeをご提案
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • ColorEdge 写真家100名、唯一の選択
  • 映像制作者のためのカラーワークフロー連載
  • 第4弾!Twitterイラストコンテスト開催中!
  • Cool Japanを支える、EIZO 導入企業様一覧
  • 3DCGでのカラーマネージメントがよくわかる!読み物公開中
  • 雑誌掲載記事
  • ColorEdge受賞
  • 開催イベントのあゆみ
  • 壁紙データ
prev next