クリエイティブワーク

ColorEdgeの正確な表示を支えるキャリブレーション技術 - センサー内蔵の独自技術

tab1_1.jpg tab2_2.jpg tab3_1.jpg


image1_2.jpg


キャリブレーションセンサーを内蔵したEIZO独自技術

1. 高精度なキャリブレーションをもっと便利に
工場でしっかり調整されたColorEdgeを導入しても、液晶モニターはその特性上、時間経過とともに表示が変化します。その精度を維持するためには、定期的な再調整が必要になります。

<参考>なぜ必要?モニターのキャリブレーション

calibration-sensor_005.jpg

一般的にキャリブレーションは、ユーザー側で、市販の外付けのキャリブレーションセンサーを使ってモニターの状態を測定し、専用のソフトウェアを使って、あらかじめ設定されたプリセット値や作成した目標値に調整します。

キャリブレーションには、ハードウェア・キャリブレーションとソフトウェア・キャリブレーションの2つがあります。ソフトウェアキャリブレーションは、一般的なモニターでも広く利用できますが、PCのグラフィックスボードからのRGB出力そのものを減らして調整するため、階調が減少し、階調とびや色つきにつながることがあります。また、手順にユーザー側での手作業による部分があるため、精度にばらつきが出る可能性があります。

ColorEdgeでは、ハードウェア・キャリブレーションを採用しています。モニター内部のLUT(ルックアップテーブル)を直接制御し、階調の減少のない高精度で優れた階調特性を提供します。

calibration-sensor_006.jpg

<参考>ソフトウェア・キャリブレーションとハードウェア・キャリブレーションの違い

定期的な再調整に外付けセンサーを使用する場合、キャリブレーションを行うために、モニターでの制作業務を一旦中断する必要があります。また、電源を入れてから一定時間表示を安定させた後、1台ずつ調整する必要があるため、管理に手間がかかり、複数モニターを管理するスタジオなどにとっては大きな制作業務の妨げとなります。




そこでEIZOは、2010年に、世界で初めてカラーでのキャリブレーションができるセンサーを内蔵したモニターを誕生させました。(初代モデル:ColorEdge CG245W)現在、ColorEdge CGシリーズはすべてキャリブレーションセンサーを内蔵しています。キャリブレーションの度に外付けのセンサーをぶら下げる必要がありませんし、モニターを使用していない時間に定期的なキャリブレーションを自動で行うように設定できるため、管理にかかる時間とコストを大幅に削減でき、制作業務の妨げにもなりません。
calibration-sensor_007.gif
内蔵センサーでのキャリブレーションの様子


2. 厳しい基準のもと、自社開発

ColorEdgeは、液晶モニターのみならず、キャリブレーションセンサーも、すべて自社で開発・生産し、世界中のクリエイティブユーザーにお届けしています。

ColorEdge は、特許技術「デジタルユニフォミティ補正回路」を搭載し、画面全体で高い表示均一性を実現しているため、画面のどこで測色しても正確な測定が可能です。さらに、内蔵キャリブレーションセンサーは、その精度を向上させるため、画面の中央部と実際の測定部の相関を取り、階調ごとのユニフォミティの差を補正する機能も盛り込んでいます。これらの調整や機能を合わせ持つことで、画面の上部を測定しても、画面中央で測定を実施するのと同等の精度を保つことが可能となります。

工場では、モニターと同様に内蔵キャリブレーションセンサーも、業界最高水準の高精度な分光式キャリブレーションセンサーを使用して校正を行っています。また、EIZOが培ってきた色調整に関するノウハウを活かし、ユーザーのもとで高精度な調整が行えるように設計されています。

2010年の初代キャリブレーションセンサー内蔵モデルの発売以来、当社は内蔵キャリブレーションセンサーの開発において、その測定精度の向上、センサーの小型化、ユーザーインターフェースの向上に常に取組み、その性能を進化させてきました。

 

ColorEdge の内蔵キャリブレーションセンサーは、筐体ベゼルの目立たない位置に配置され、普段は格納されているため、ユーザーの視界の邪魔になりません。 また、センサーを動かす機構は、長期間・複数回の動作にも正しく動作するように、開発・品質管理部門での厳しいテストと研究が重ねられています。また、キャリブレーション中に、周囲の環境光の影響を受けないように、画面の限りなく近くで測色できるよう設計されています。日常環境の中でも正確な測定ができます。

calibration-sensor_008.jpg

 

image7.jpg   image8.jpg
キャリブレーションセンサー開発の様子   工場でのセンサーの取付け




3.HDRも正確に測定
昨今、ネット配信・映画・テレビ放送など、さまざまな媒体においてHDRコンテンツが取り入れられ始めています。ColorEdgeでは、HDR対応の超高輝度表示とともに、超高輝度から低輝度まで正確に測色できる内蔵キャリブレーションセンサー技術も求められていました。

calibration-sensor_009.jpg
■HDR表示とSDR表示の比較(イメージ)
 


開発を進めた結果、当社は、2020年6月、世界で初めてキャリブレーションセンサーを内蔵したHDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」を発売しました。CG3146に内蔵されたキャリブレーションセンサーは、光学設計や測色回路を改善することで、1000cd/㎡の超高輝度から1cd/㎡以下の低輝度まで、画面を正確に測色することができます。CG3146へのキャリブレーションセンサー内蔵により、HDR制作環境においても、常に正しい色表示を手間なく維持することができるようになりました。

HDRについてもっと詳しく知りたい方はこちら

calibration-sensor_010.jpg



 

tab1_1.jpg tab2_2.jpg tab3_1.jpg

 

 

映像のプロが選ぶ理由。