ColorEdgeを使ったモニター画面と写真プリントのカラーマッチング手順

STEP3. 表示ソフトウェアの設定

前のページへ

表示レタッチソフトのColorEdge設定を確かめよう

 

モニター画面と写真プリントをカラーマッチングするためには、モニターを最適な状態に調整することに加え、表示ソフトウェアのカラーマネージメント設定を適切にすることが重要です。ここでは代表的な表示ソフトウェアの設定をご紹介します。

※下記の記載は2021年4月現在の代表的な表示ソフトウェアの設定をまとめたものです。記載している設定や使い方以外の方法、及びその他ソフトウェアの設定や使い方に関しては、各メーカーへお問合せ願います。

メーカー 表示ソフトウェア カラーマネージメント設定
Adobe Ps Photoshop 初期設定のままで画像を正しく表示します。設定を変更する必要はありません。
初期設定の確認、または初期設定に戻す場合は以下でご確認ください。

詳細はこちら
Lightroom Classic モニターのカラーマネージメント設定はありません。そのままで常に画像を正しく表示します。
Canon Digital Photo Professional 初期設定は、カラーマネージメントの設定がsRGBなので設定変更をお勧めします。

詳細はこちら
市川ソフトラボラトリー SILKYPIX Developer Studio Pro 初期設定のままで画像を正しく表示します。設定を変更する必要はありません。
初期設定の確認、または初期設定に戻す場合は以下でご確認ください。

詳細はこちら
Nikon NX Studio 初期設定のままで画像を正しく表示します。設定を変更する必要はありません。
初期設定の確認、または初期設定に戻す場合は以下でご確認ください。

詳細はこちら
Capture NX-D 初期設定のままで画像を正しく表示します。設定を変更する必要はありません。
初期設定の確認、または初期設定に戻す場合は以下でご確認ください。

詳細はこちら
ViewNX-i 初期設定のままで画像を正しく表示します。設定を変更する必要はありません。
初期設定の確認、または初期設定に戻す場合は以下でご確認ください。

詳細はこちら

 

 

btn_06.gif


カラーマッチング手順一覧

  • 上の図の各項目をクリックして、前の手順へ戻れます。復習にお使いください。