大切なお知らせ

RadiForce RX440、GX540、RX650、RX850をご愛用のお客様へのお詫びとお知らせ

改訂 2018年8月30日
2015年7月10日

 

日頃よりEIZO製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、掲題の出荷製品の一部におきまして、特定のグラフィックスボードでのDisplayPort接続時に、ごく稀に階調表示が不正となる現象を確認しました。

つきましては、モニター使用前確認についてご案内・お願いさせていただくとともに、当該症状の内容および対象製品のファームウェアアップデート対応についてご報告いたします。

お客様にはご迷惑をお掛けしますことを、深くお詫び申し上げます。何卒、ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

EIZO株式会社

対象モニター

対象モニター名 対象製品(シリアルナンバー)
RadiForce RX440 20001xxx ~ 20931xxx
RadiForce GX540 20001xxx ~ 25409xxx
RadiForce RX650 20001xxx ~ 20766xxx
RadiForce RX850 20001xxx ~ 20133xxx

対象製品(シリアルナンバー)の確認方法

お客様がお持ちのモニターの対象製品(シリアルナンバー)は、製品本体背面に貼付されているネームプレートに表示されています。
「S/N」の文字の後の数字8桁のうち、上5桁をご確認ください。

GX540のネームプレート例
GX540のネームプレート例

 

対象製品(シリアルナンバー)は、モニター前面の操作スイッチを押して表示されるOSDメニューで確認することも可能です。
[ ツール ] → [ モニタ情報 ] から、”S/N:”欄に表示される番号

対象グラフィックスボード

対象グラフィックスボード名
MED-X3900、MED-X4900、MED-X5000、MED-X7000、MED-S2260
FirePro V5800 R、FirePro V4800 R、FirePro V3800 R、FirePro 2260 PCI R
(モデル名に”R”が付いていないグラフィックスボードを含む)
AMD製、Intel製オンボードグラフィックス

NVIDIA製グラフィックスボードでは、DisplayPort接続でも6 bit階調表示が発生しないことを確認しています。

発生条件

  1. DisplayPort接続でのご使用(DVI接続では発生いたしません)
  2. 上記の対象グラフィックスボードとの組合せ
     
  • DisplayPort - DVI変換アダプタを除く

症状

PC起動時およびスリープ状態から復帰する際、8 bit(256階調)もしくは10 bit(1024階調)にて表示すべき画像が、ごく稀に6 bit(64階調)で表示される場合があることがわかりました。

症状の発生頻度(当社調べ):
PC起動時、またはPCのスリープモードからの復帰1回あたり、平均1/10000回発生する可能性があります。 
個体によって発生頻度にばらつきがあり、1/200回程度発生する個体も確認できています。

当社対応

上記の発生条件にてお使いのモニターについて、順次、モニター内のファームウェアアップデートを実施いたします。

  • モニター製品に内蔵されているソフトウェア

ご依頼:モニター使用前の表示確認

当社によるファームウェアアップデートまでの期間、以下の対応を実施いただきたくお願い申し上げます。

1. PC起動後に、以下のどちらかの方法で、表示状態が正常であることをご確認ください。


・Windows壁紙での確認方法
PC起動時にWindows壁紙を表示して、グラデーションが滑らかに表示されているかご確認ください。

        階調表示正常   階調表示異常  
RX440   GX540   RX440の一部拡大イメージ   RX440の一部拡大イメージ
RX440   GX540   RX440の一部拡大イメージ


・RadiCSテストパターンでの確認方法
パターン表示機能にて“TG18-QC”を表示し、グラデーションが滑らかに表示されているかご確認ください。

        階調表示正常   階調表示異常  
RX440   GX540   RX440の一部拡大イメージ   RX440の一部拡大イメージ
RX440   GX540   一部拡大イメージ図

 

2. 階調表示異常が確認された場合は、表示を正常に戻す操作を実施してください。

グラデーションが縞模様に表示されている場合、モニターは6 bit表示状態となっています。その場合は、モニターの使用を中断いただき、以下いずれかの操作を実施してください。操作を実施いただくことで、DisplayPort接続が復旧し正常表示となります。


・モニターの主電源を入れ直す
各モニターの主電源位置は下図を参照ください。

■RadiForce RX440の背面図
RadiForce RX440の背面図
  ■RadiForce GX540の背面図
RadiForce GX540の背面図
     
■RadiForce RX650、RX850のACアダプタ側面図
RadiForce RX650、RX850のACアダプタ側面図

 

・DisplayPort信号ケーブルを抜き差しする

RX440例

RX440例

 

3. PCのスリープ機能をご使用の場合は、当社のBacklight Saver機能を代用ください。

PCでのスリープ機能を無効に設定いただき、当社モニター品質管理ソフトウェアRadiCS/RadiCS LEに搭載されているBacklight Saver機能にて代用をお願いいたします。PCがスリープから復帰する際も、階調表示異常の発生する可能性があるためです。

 

お客様問合せ窓口

お電話またはフォームにてお問合せください。