• 製品画像1
  • 拡大
SafeGuard
航空管制データ統合管理システム
航空管制データを一元管理する
サーバー型ソフトウェア
  • ご購入に関するお問合せ
  • 特長

航空管制データをセキュアかつ効率的に一元管理

SafeGuardは、航空管制データを保存、再生、管理する統合管理システムです。コンテンツサーバーとしてクライアントPCへのデータのストリーミングやシステム稼働状況の管理、時刻情報の同期も可能です。使用環境ごとに最適な機能・設定にカスタマイズし、提供いたします。

航空管制データをセキュアかつ効率的に一元管理

 

データを快適に一元管理できる

多様なデータを保存、同時再生可能

音声、レーダー、キーボード・マウス操作、管制官の表示画面、カメラ映像、ネットワークデータなど多様なデータを保存でき、ネットワーク内のクライアントPCでの同時再生にも対応しています。
同時再生可能

タッチパネルでも快適な操作画面

マウスやトラックボールでの操作に加え、タッチパネルモニターやタブレットでも快適に操作できるユーザーインターフェースを備えています。
タッチパネル快適操作

遠隔から一括管理

データの保存やユーザーの管理、システム稼働状況やイベントログの確認など、クライアントPCのブラウザからネットワーク経由で一括で管理できます。
遠隔から一括管理

 

安心して使える

セキュアなLinux OS対応

SafeGuardはLinux OS対応のサーバー型ソフトウェアで、サーバー管理の高い効率性とセキュリティを兼ね備えます。STIG(セキュリティー技術導入ガイド)に基づいて、導入できます。

 

https認証、データ暗号化

SafeGuardは、クライアントPCのWebブラウザー上でデータを操作するマルチプラットフォーム対応のサーバー型ソフトウェアです。https認証やデータの暗号化により、ブラウザーとサーバー間のデータ通信に高い安全性を確保しています。
データ暗号化

アクセス権限の設定

個々のユーザーに異なるレベルのアクセス権限を設定し、各機能の使用制限を設定できます。
アクセス権限の設定

Vault対応

SafeGuardはVaultに対応しており、安全に機密情報を管理できます。音声、映像データは他社製のソフトウェアでも再生できるように、エクスポート可能です。
Vault対応


  • 表示画像提供:THALES、AviBit、Cambridge Pixel