国内最大の国際海事展「SEA JAPAN 2022」出展報告

SEAJAPAN_logo

 

2022年4月20日(水)~22日(金)の3日間、国内最大の国際海事展「SEA JAPAN 2022」にEIZOブースを出展しました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
本ページでは、当日ご案内しましたソリューションを詳細にご紹介します。当日ご来場いただけなかった方もぜひご覧ください。

 

SEAJAPAN2022_report_img01

SEAJAPAN2022_report_img02 SEAJAPAN2022_report_img03
SEAJAPAN2022_report_img04

 

展示会名称 SEA JAPAN 2022(公式サイトへ)
会期 2022年4月20日(水)~22日(金)の3日間
10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト 東5・6ホール

 

 

出展製品の振り返り

映像の撮影・記録・伝送・表示までをトータルでご提案

無人運航船プロジェクト「MEGURI2040」で当社製品が担った役割をご紹介

当社は、日本財団が実施する無人運航船の実証実験プログラムに、Designing the Future of Full Autonomous Ship (DFFAS)コンソーシアムのメンバーとして参画、映像の「撮影・伝送・記録・表示」を担う製品を提供できる強みを生かし、映像の船陸間伝送、船内・陸上での映像記録、陸上支援センターでの映像の統合表示を担当しました。

SEAJAPAN2022_report_img05

2022年3月1日に成功した無人運航実証実験では、船外監視に、今年新発売した当社の超高感度カメラ「SSC-9700」が使われました。ブースでは、SSC-9700と同時発売のズームレンズ内蔵型の超高感度カメラ「SSZ-9700」を展示、SSZ-9700で長い筒の奥の被写体を撮影し、暗く肉眼では見えない被写体が、本カメラで撮影することで鮮明に確認できることを実演しました。無人運航実証実験においても夜間の撮影やズームして遠くの物体を確認する目的で活用されました。

視認性向上システム「EVS1VX」はSSC-9700やその他カメラで船外を撮影した映像にEIZO独自の処理を行い、映像をリアルタイムに視認性向上させるという役割を果たしました。ブースでは実際に撮影した映像と処理をかけた映像を比較する動画をご覧いただき、効果を実感いただきました。

また、実証実験では下図のとおり、当社のグループ会社であるカリーナシステム(株)のIPエンコーダ「NVT-DVI」で撮影映像を圧縮・IP信号に変換し、同社のソフトウェア「MEDIASYNERGY」で映像を記録・配信、また陸上支援センター側で当社のIPデコーダ「DX0211-IP」がIP信号を受け取りデコード、最終的にモニターへ表示を行いました。当社は当社グループの幅広い製品群で、実証実験をサポートしました。

陸上支援センターの非常対応ブロックでは、操舵席の前に6台の当社ウルトラワイド曲面モニター「FlexScan EV3895」が壁掛けで使われました。ブースでもEV3895を1台展示して、実証実験において撮影した船外映像を流しました。同時にウルトラワイドモニターの特長である1画面に多くの情報を表示できることを実感いただきました。

SEAJAPAN2022_report_img06

 

SEAJAPAN2022_report_img07

<EIZO>
SSZ-9700 超高感度HDズームカメラ
SSC-9700 超高感度HDカメラ
DuraVision EVS1VX 視認性向上システム
DuraVision DX0211-IP IPデコーダ(IPデコーディングボックス)
FlexScan EV3895 ウルトラワイド曲面モニター

<カリーナシステム>
NVT-DVI IPエンコーダ(ONVIFトランスミッター)
MEDIASYNERGY ネットワーク映像配信・録画システム
 

無人運航船プロジェクト「MEGURI2040」実証実験成功のニュースリリース
 

55型・4K表示対応のチャートテーブルモニターを初展示!

SEAJAPAN2022_report_img08

船舶に特化した機能を多数搭載した、電子海図用チャートテーブルモニター「MDU5501WT」を展示しました。

55型の大画面や、10点マルチタッチ、タッチパネル機能のワンタッチでのオン/オフなどを実際に体験いただき、複数人で海図を確認・操作する際の使い勝手の良さを実感いただきました。

<EIZO>
DuraVision MDU5501WT  チャートテーブルモニター

 

SEAJAPAN2022_report_img08

25.5型 ECDIS/レーダー表示用モニターを展示

各国の船級、ECDIS/レーダー認証を取得、さらにIP65に対応した、25.5型パネルマウントモニター「FDU2603W」を展示しました。

輝度の調整範囲が広く、昼夜ともに見やすい明るさに調整可能、さらに、外光反射を防止しながら、黒の締まりやシャープネスを維持できるARコーティング処理が施されているので、海上の過酷な日差しのもとでも見やすい表示ができることを確認いただけました。

 

<EIZO>
DuraVision FDU2603W  ECDIS/レーダー表示用モニター

SEAJAPAN2022_report_img09

 

 

お問合せ

展示製品に関するご質問、試用やお見積りのご依頼などございましたら、お電話もしくは専用フォームからお気軽にお問合せください。

お問合せ