カラマネ小話

イラスト制作ソフトウェアのカラマネ

画面に表示された色を信頼して作品づくりをするためには、モニターを調整することに加え、カラーマネージメントに対応したクリエイティブソフトウェアを選び、それを適切に設定することも大切です。

ここでは、イラスト制作に使うカラーマネージメントに対応したソフトウェアの一部を紹介します。
・2019年6月現在、当社にて検証した結果となります。
 

豆知識 マメ知識  「制作データはカラープロファイルを埋め込んで管理」

カラーマネージメントを運用するためには、制作データにカラープロファイルを埋め込んで管理しましょう。カラープロファイルとは、制作者がそのデータを何を基準とした色で表示し、制作したのかを示すものとなります。RGBデータでは、sRGB、Adobe RGBが一般的に用いられるカラープロファイルです。sRGBは最も汎用性が高く、Adobe RGBは活かせる場面が限られますが、より豊かな色表現を可能にします。

sRGB、Adobe RGBの違いについて、詳しくはこちら
Adobe RGBとsRGB、用途に合った色域のモニター選び


 

豆知識 マメ知識  「モニタープロファイルとは」

上記のカラープロファイルとは別に、モニターがどのような色を表示するか、という情報をシステムに伝えるデータファイルのことです。モニターにColorEdgeを採用している場合、専用の無償ソフトウェアColorNavigatorでモニターを調整すると生成され、自動でパソコンのOSに設定されます。
カラーマネージメント対応のクリエイティブソフトウェアでは、制作データに埋め込まれたカラープロファイルを参照し、表示するモニターの色域内で正しく表示します。また、制作データにカラーファイルが埋め込まれていない場合は、一般的には、パソコンのOSに設定されたモニタープロファイルを参照し、画像を表示します。



カラーマネージメントに対応したイラスト制作ソフトウェア

メーカー ソフトウェア 備考
Adobe Photoshop CC/CS6 初期設定のままでデータを正しく表示します。
セルシス CLIP STUDIO PAINT PRO/EX 設定が必要です。下記を確認ください。
CLIP STUDIO PAINTの設定方法


 

イラストを楽しむ方におすすめのモニター

CS2410
ColorEdge CS2410


paintpro_img_cs2410.jpg

専用ソフトを使って汎用性の高いsRGB表示環境を維持。コストパフォーマンスよく導入できる。

 

 

 

ピックアップ

  • イラストコンテスト第2弾
  • 原田ちあきが試すColorEdge
  • イラスト制作ソフトウェアのカラマネ
  • 液タブ+ColorEdgeでお絵かきのプロになるべし!
  • 吉田ヨシツギが試すCS2420
prev next