Mac

Apple M1チップ搭載MacとEIZOモニターの互換性

1.制約事項

2020年11月に発売されたApple社のMac製品 (Apple M1チップ搭載) において、下記の制約事項が確認されましたので、あらかじめご注意ください。また下記 (2) 以降の諸症状については、macOSの更新で改善する可能性がありますので、macOSを最新の状態に保つことを推奨いたします。
 

対象Mac Apple M1チップ搭載のMac製品
対象OS macOS Big Sur (11.0)
対象モニター すべてのPCモニター (当社モニターを含む)


 

(1) モニター接続台数

Thunderbolt 3端子には1台のモニターしか接続できません。2台のモニターを接続しても、2台のうち1台には映像が映りません。

Thunderbolt 3端子には1台のモニターしか接続できません

 

(2) カラーフォーマット

Macから出力される映像信号のカラーフォーマットがYUVリミテッドレンジとなり、階調飛びが生じる場合があります。従来のMacではHDMI接続で発生する症状でしたが、対象のMac製品ではUSB Type-C接続やDisplayPort変換接続でも同じ症状が発生します。

M1チップ搭載のMac Intelチップ搭載のMac
M1チップ搭載のMac Intelチップ搭載のMac
グラデーションの表示結果

 

一部のColorEdge製品には、YUVフォーマットを非対応とする信号フォーマット設定がありますので、次のように設定することで問題を回避できる可能性があります。

USB Type-C / DisplayPort接続 「YUV」表記の無い設定値を選ぶ
HDMI接続 「YUV」表記の無い設定値を選ぶ
「Video」モードから「PC」モードに変更する

 

 

(3) カラープロファイル

macOSが自動生成するカラープロファイルが、モニターの色域やガンマ値と一致しない場合があります。
1.2項のカラーフォーマットの問題と同様、一部のColorEdge製品では信号フォーマット設定を変更することで、問題を回避できる可能性があります。

M1チップ搭載のMac Intelチップ搭載のMac
M1チップ搭載のMac Intelチップ搭載のMac
Adobe RGB画像を広色域モニターに表示した結果

 

USB Type-C / DisplayPort接続 「YUV」表記の無い設定値を選ぶ
HDMI接続 「YUV」表記の無い設定値を選ぶ
「Video」モードから「PC」モードに変更する


 

(4) 縦回転表示

macOSでモニターの向きを縦 (90°/ 270°) に設定すると、低解像度のぼやけた表示になります。また解像度の「変更」をクリックしても、モニターの推奨解像度がリストに現れません。
キーボードの「Option」キーを押しながら「変更」をクリックすると解像度の選択肢が増え、推奨解像度を選べるようになります。

 

2.各モニター製品の接続互換性

現在検証中です。

 

3.各ソフトウェア製品の互換性

ColorNavigatorなどの当社ソフトウェアは、Apple M1チップ向けのmacOS Big Sur (11.0) に未対応です。最新情報は「macOS Big Sur (11.0) とEIZOソフトウェアの互換性」をご参照ください。