クリエイティブ

イラストレーター pomodorosa 氏

pomodorasa illust
 

pomodorosa氏の作品
2018年8月に開催された当社主催Twitterイラストコンテストのメインビジュアルを制作いただきました。
特設ページはこちら

作品づくりにおいて大切にしていることを教えてください。

 ラフの出来具合です。私の描き方ではラフが良くないと後から挽回できる要素が少ないので、構図、シルエット、線の走り方などで勝負を決めなくてはいけません。

作品はどのような形態で発表されていますか?(Webサイト掲載、商用印刷、自宅プリントなど)

 いろいろですが、やはり出版関係が最終出力としては多いので「紙」ということになるかと思います。

ColorEdge導入のきっかけを教えてください。

 EIZOさんとMdNさんがタイアップした時の企画に招かれて以来、とても気になっていました。
当時の様子はこちら【EIZO×MdN特別セミナー イラストレーター必見!初めてのカラーマネージメント講座実施レポート】

それ以前はiMacで制作をしていましたが、故障を機にColorEdgeを導入させていただきました。

ColorEdgeの使用感を教えてください。

 信頼感。それに尽きると思います。モニターキャリブレーション、目の疲れにくさ、光の低反射、アフターサービス、モニターとしては高額な部類ですが、長い目で見れば十分お釣りがくる製品だと思います。

モニターとタブレットを組み合わせた環境は、どのようなメリットがありますか?

 私が使っているのは、Wacomの液晶タブレットではなく板状タブレット「Intuos 3」ですが、ColorEdgeとの相性の悪さは感じません。両方とも制作になくてはならない存在です。また、最近は出先でiPad Proを使って制作し、事務所に戻ってからはMac+ColorEdge+Wacomタブレットで制作をしています。iPadではそこまで色味に関する作業を行わず、事務所に戻ってから、ColorEdgeで出力に考慮した作業を行うようにしています。
作業環境
 

pomodorosa氏 略歴

pomodorasa


イラストレーター、音楽作家。
イラストでは装画やキャラクターデザイン、音楽ではCM等の映像音楽を主に手がける。2015年に自身初の商用画集となる「Music, Fashion and Girl」を一迅社より出版。
https://pomodorosa.tumblr.com


 

導入製品

  • ColorEdge CG2730

同梱ケーブルを変更した後継機種CG2730-Zの製品ページはこちら

 

イラストを楽しむ方におすすめのコンテンツ

第2弾!イラストコンテスト 漫画家 原田ちあき イラストレーター 吉田ヨシツギ お絵かきのプロになるべし!

 

導入事例

ピックアップ

  • ColorEdge 写真家75名、唯一の選択
  • 写真を楽しむ皆様へ
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • カラーマッチングセミナー開催
  • 雑誌掲載記事
  • ColorEdge受賞
prev next