ニュースリリース

医用モニター品質管理ソフトウェアをバージョンアップ、点検時間を4割短縮し、デスクトップ仮想化に対応

2018年10月30日

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、モニター品質管理ソフトウェア 「RadiCS」および、ネットワーク品質管理ソフトウェア「RadiNET Pro」をVersion 5にバージョンアップし、2018年11月15日に発売します。価格はオープン価格です。

※オープン価格の製品は標準価格を定めていません。


 

 当社は2004年5月から、EIZOモニターの表示精度を管理・補正するソフトウェア「RadiCS」と、複数のEIZOモニターをネットワーク経由で一元管理するソフトウェア「RadiNET Pro」を販売しています。

 今回の「RadiCS」と「RadiNET Pro」のVersion 5へのバージョンアップでは、ユーザーインターフェースを一新しました。これにより直感的でわかりやすい操作が可能になるため、モニターの点検・補正にかかる時間を従来バージョンと比較して44%短縮できます(当社測定値)。

RadiCS & RadiNET Pro Version5


 また、業務効率向上やスペース有効活用などを目的とした「デスクトップの仮想化」が医療現場で普及し始めていることを踏まえ、「RadiCS」と「RadiNET Pro」を組み合わせることで、仮想化環境でも使用できるようになりました。

 

RadiCS UX2の製品情報
RadiNET Proの製品情報

 

< 展示会情報 >
 当社は、下記の展示会にて当製品を展示します。
2018年11月25日(日)~29日(木)「第104回 北米放射線学会(RSNA 2018)」(米国シカゴ・McCormick Place)

お問合せ

【お客様からのお問合せ】

EIZO株式会社 営業1部 メディカルクライアントソリューション課
TEL:03-5764-3404 FAX:03-5764-3420

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795
E-Mail
Webサイト:www.eizo.co.jp/press/