ニュースリリース

優れた表示性能に加え、使いやすさを追求した 24.1型のグラフィックス市場向けモニターを 2モデル発売

2016年2月16日

1.概要

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、24.1型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge(カラーエッジ) CG2420」「ColorEdge CS2420」の2機種を2016年2月25日に発売します。価格はオープン価格です※1
 

ColorEdge CG2420 / CS2420 ColorEdge CG2420(以下、CG2420)は、プロフォト、デザイン、印刷などのグラフィックス業務を行う法人を対象に、ColorEdge CS2420(以下、CS2420)は写真やイラストを楽しむユーザーを対象に、高い表示性能と使いやすさを追求した液晶モニターです。

 CG2420およびCS2420の共通機能として、Adobe RGBを99%カバーする広色域、滑らかな階調表現、表示ムラを抑えた均一な表示などの正確な画面表示を実現する機能に加え、従来機種から使いやすさを向上させています。具体的には筐体のデザインを一新し、撮影などの持ち運びに便利な筐体の軽量化と背面の持ち手ハンドル装備に加え、筐体ベゼル(画面の額縁)幅を左右で従来機種比39%スリム化し、視界を妨げないデザインを実現しています。また、USB3.0規格のハブを抜き差ししやすい側面に3つ装備し、うち1つはスマートフォンなどの急速充電に対応しています。

 CG2420は、従来機種よりも小型化したキャリブレーションセンサーを筐体上部に内蔵したプロフェッショナルモデルです。付属の専用ソフトウェア「ColorNavigator 6」を使って、用途に応じた最適な表示に手間なくキャリブレーション※2できます。また、引き締まった黒色を再現する1500:1の高コントラスト比や、表示安定までの時間をわずか3分※3に短縮したこと、組み立て不要でワンタッチで取付けできる遮光フードを付属していることが従来機種からの進化ポイントです。

 CS2420は、写真愛好家向けに今回同時にリリースした、簡単にモニター画面と写真プリントの色合わせができる新しいソフトウェア「Quick Color Match」をディスクで付属し、購入後すぐに画面を信頼して写真プリント作品づくりを楽しめます。

 2016年2月25日からパシフィコ横浜で開催されるカメラと写真の総合展示会CP+の当社ブースにおいて、CG2420/CS2420をいち早く展示します。【EIZOブース 小間No.G-11】

※1 オープン価格の商品は標準価格を定めていません。
【参考価格】EIZOダイレクト販売価格 CG2420 174,960円(税込)、CS2420 108,864円(税込)

※2 キャリブレーションとはモニターをキャリブレーションセンサーで測定し、目標値に沿って画面表示されるよう表示校正すること。
※3 当社測定条件による。

 

2.新製品の主な特長

より小型化したキャリブレーションセンサーを内蔵 【CG2420】

 CG2420は、筐体上部に従来機種に比べ、小型化したキャリブレーションセンサーを内蔵。付属の専用ソフトウェア「ColorNavigator 6」を使って、印刷・フォトレタッチ・Web制作など用途に応じた最適な表示にモニター画面を調整できます。また、常に正しい表示を保つためには、定期的な再調整が必要ですが、CG2420は内蔵のキャリブレーションセンサーが自動で実施します。
 

より小型化したキャリブレーションセンサーを内蔵 【CG2420】

 

かんたん写真プリント色合わせツール「Quick Color Match」を付属 【CS2420】

  CS2420は、簡単にモニター画面と写真プリントの色合わせができる新しいソフトウェア「Quick Color Match」を付属し、購入後すぐに画面を信頼してプリント作品づくりを楽しめます。また使い方ガイド冊子も付属しているので安心です。
さらに、ステップアップしたい際には、追加でキャリブレーションセンサーを購入し、用途に応じたさらに詳細な調整が可能なソフトウェア「ColorNavigator 6」を使用することもできます。
 

かんたん写真プリント色合わせツール「Quick Color Match」を付属 【CS2420】 使い方ガイド冊子


Adobe RGBカバー率99%の広色域表示で色を忠実に再現

  Adobe RGBを99%カバーし、sRGB相当の一般的なモニターでは再現しきれない鮮やかな青空や新緑の緑色を忠実に再現します。印刷業界の標準色であるJapan ColorやJMPAカラーもカバーし、制作段階から仕上がりの色味をモニター上で確認できます。また、CG2420はデジタルシネマに用いられるDCI-P3規格も98%カバーします。
 

色再現域比較

使う人に優しいスリムでフラットなデザイン

 ベゼルをスリム化し、左右のベゼル幅は従来機種比39%スリム化。視界を妨げないデザインを実現しました。軽量化した筐体に持ち運びしやすい背面ハンドルを装備し、軽く触れるだけで自在に操作できるフラットな静電スイッチを採用しました。また、抜き差ししやすい側面にUSB3.0規格のハブを3つ装備し、うち1つはスマートフォンなどの急速充電に対応しています。
 

黒のディテールの表現力に優れ、高コントラスト比1500:1※4を実現【CG2420】

 バックライトを常に点灯させて画像を表示する特性を持つ液晶モニターでは難しかった黒のディテールの再現力に優れ、CG2420では高コントラスト比1500:1を実現しています。白浮きを抑えた引き締まった黒色を表示します。

※4 CS2420は1000:1。

電源を入れてからわずか3分※3で、すばやく表示を安定 【CG2420】

 CG2420は、モニターの電源を入れてからわずか3分で輝度、色度、階調特性が安定するように設計されています。撮影など外出先で使う場合でも、短時間のうちに安定した表示を実現し、常に高いパフォーマンスを発揮できます。
 

画面の隅々まで均一に表示

 独自のデジタルユニフォミティ補正回路を搭載。輝度と色度が均一になるように画面全体をすべての階調で補正し、画面の隅々までムラの起こりにくい均一な表示を保ちます。

・日本特許第4490899号、第4542988号
 

個別調整で実現する、滑らかな階調表現

 工場で1台ごとにRGB各色0~255のすべての階調を調整しています。理想のガンマ値になるよう、最も適した値を16bit-LUT(約65000階調)を使って選択し、256階調に再割り当てしています。これにより、モニターごとにばらつきのない、極めて滑らかな階調を表現できます。

・日本特許第3976095号
 

ほぼ真横から見ても、色変化が少ないノングレアIPSパネル

 水平、垂直とも178°の視野角を誇るノングレアIPSパネルを搭載。複数人での確認やマルチモニター環境でも角度による白浮きや色変化が少なく、画面の隅々まで鮮明に表示します。また、省エネ・長寿命かつ、色再現性能の高い広色域LEDバックライトを採用。表示のちらつきが起こりにくい調光方式で疲れ目の緩和効果も期待できます。
 

ワンタッチで取付けできる遮光フードを付属 【CG2420】

 マグネット取付け方式を採用し、組立不要で簡単に設置できる遮光フ―ドを付属しています。モニターの上部、左右の側面を囲い込み、照明の映り込みなどの外光反射を効果的に防ぎます。

・縦回転時は使用できません。
 

テュフラインランド発行の「Color Accuracy(Quick Stabilityグレード)」取得 【CG2420】

 国際的第三者認証機関であるテュフラインランドに、グラフィックス市場に求められる厳しい要件を満たすことを認められました。

テュフラインランド発行の「Color Accuracy(Quick Stabilityグレード)」取得 【CG2420】

 

A3実寸+ツールパレットが収まる広い作業領域

10bit入力に対応し、10bit表示時さらに豊かな色再現を実現

DVI×1、DisplayPort×1、HDMI×1の豊富な3系統入力

安心の5年間保証に加えて無輝点保証を用意

 購入から5年間(ただし、使用時間30,000時間以内)、修理に関する費用は無償です。保証期間内であれば修理品の引取り料金も無償です。日常使用への影響を極力少なくするために、保証期間の内外を問わず修理期間中は、貸出機を無償で※5お貸出しします。
 さらにCG2420は、輝度の保証も設けています。推奨輝度120cd/m2以下、色温度5000~6500Kでご使用の場合、10,000時間以内を保証しています。
安心の5年間保証
 また、購入製品に輝点があった場合、ご購入から6か月以内であれば無償で液晶パネル交換を行う無輝点保証も対象です。

※5 ただし、保証期間外の貸出機の送料につきましては、お客様のご負担となります。

無輝点保証
  • 画面はハメコミ合成です。
  • 資料内の画像・説明図はイメージです。

 

お問合せ先

【お客様からのお問合せ】

EIZOコンタクトセンター
TEL:0570-200-557 FAX:076-275-4128

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 販売促進課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/