「国際モダンホスピタルショウ2017」出展報告

2017年7月12日(水)~14日(金)まで東京ビッグサイトで開催された「国際モダンホスピタルショウ2017」に、EIZO(株)とEIZOメディカルソリューションズ(株)で今回初めて共同出展しました。

modern_hospital2017_report_img01.JPG

modern_hospital2017_report_Logo.png

展示会名称 国際モダンホスピタルショウ2017
会期 2017年7月12~14日の3日間
会場 東京ビッグサイト

 

出展内容

映す・残す・守る さらなる可能性をEIZOで築く。

「映す・残す・守る さらなる可能性をEIZOで築く。」をテーマに、EIZO(株)とEIZOメディカルソリューションズ(株)の共同出展によって幅がさらに広がったEIZOのトータルメディカルソリューションを提案しました。

 

手術用3Dモニター「CuratOR EX2620-3D」を初披露

6月15日にニュースリリース発表した「CuratOR EX2620-3D」を展示会初披露しました。実際に3Dめがねをかけていただき、高輝度、高コントラスト、高精細な3D手術映像をご体験いただきました。

modern_hospital2017_report_img02.JPG

CuratOR EX2620-3Dの製品ページへ
 

手術室向け映像支援ソリューション

手術室向けの49型サージカルパネル「CuratOR Surgical Panel SP1-49」を展示しました。術野映像や生体情報、HIS・PACSなどの医療情報を統合表示し、執刀医とチームスタッフが手術室内のどこからでも映像や画像が読み取れる環境の提案を行いました。

modern_hospital2017_report_img04.JPG

手術室向け映像支援ソリューションページへ
サージカルパネル製品ページへ

統合ストレージソリューション

飛躍的に増大する医用画像データや術中動画の保存に、医療分野での利用実績、アプリケーションや運用特性から最適な製品を選択し、サービスも組み合わせたストレージ基板導入の提案を行いました。
 

modern_hospital2017_report_img05.JPG

 

 

メディカルモニターソリューション

超高解像度8メガピクセル対応カラーモニターRadiForce MX315Wでは、読影医の負担を軽減するため、読影ワークフローを円滑にするWork-and-Flow機能を、2メガピクセル対応カラーモニターRadiForce MX215では、モニター部の縦・横方向に合わせて画面表示が自動で切替わるImage Rotation Plus機能を体験いただきました。

modern_hospital2017_report_img06.JPG

Work-and-Flow機能
RadiForce MX315Wの製品ページへ
RadiForce MX215の製品ページへ
 

看護支援ソリューション

患者様の入院生活を少しでも快適なものにするベッドサイド情報端末と、豊富な機能で看護業務をサポートする医療看護支援ピクトグラムをご紹介しました。

modern_hospital2017_report_img08.JPG

院内監視ソリューション

PCを使わず直接IPカメラの接続・操作が行えるセキュリティ用モニターです。ブース内に設置した監視カメラをモニター側からコントロール体験いただきました。

modern_hospital2017_report_img07.JPG

 

 

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

 

▼今回展示したソリューションについてのお問合せは下記まで

お問合せ


 

ピックアップ

  • Making Each Life Visual
  • 読影がもっと楽になる
  • 医用モニターとは?モニター品質管理とは?
  • 各国の医用モニター品質管理ガイドライン
  • 医療従事者向け情報
  • RadiForceトータルサポート
prev next