Inter BEE 2016(国際放送機器展)出展報告

 

EIZO × BOXX

  Inter BEE 2016(国際放送機器展)出展報告

Inter BEE 2016(国際放送機器展)出展報告

2016年11月16~18日の3日間、国内最大の映像制作業界向け展示会「Inter BEE 2016」に、ハイエンドワークステーションメーカーBOXX Technologies社の国内正規代理店であるトーワ電機株式会社と共同でブースを出展しました。

今年は過去最多となる38047名が来場し、当社ブースも3日間を通して人通りの絶えない盛況ぶりでした。
EIZOブースには過去最高の600名超の皆様にお越しいただきました。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

展示会名称 Inter BEE 2016(2016年国際放送機器展)
会期 2016年11月16~18日 10:00~17:30(最終日は17:00まで)
会場 幕張メッセ

 

展示内容の振り返り

 

EIZOが考える先進のHDRワークフローを紹介
 

Inter BEE 2016(国際放送機器展)出展報告

(左)編集・カラーグレーディング向け、ColorEdge CG318-4KのHDR(PQ方式)表示対応品
(右)最終リファレンス向け、開発中HDR対応モニター(参考出展)
 

EIZOブースでは、① HDR(PQカーブ)表示対応のColorEdge CG318-4Kと、② 開発中HDR対応モニターの2台を並べて展示。HDRコンテンツの編集・カラーグレーディング、そして最終リファレンスまでを網羅する次世代ワークフローを提案しました。
 

① HDR(PQカーブ)表示対応のColorEdge CG318-4K

当社は、ColorEdge CG318-4Kを「HDR(PQ方式)」表示対応にアップグレードする有償サービスを12月9日から開始します。これに先立ちInter BEE会場では、この実機を初めて展示しました。
HDR映像の編集・カラーグレーディング用途に、出力の正しい色味や質感を再現しつつ、制作現場でも眩しすぎない300 cd/m2程度の画面輝度で快適に作業できます。会場では、念入りに表示を確認される方が多数おり、早速サービスを申し込みたいと要望されるCG318-4Kユーザーもいらっしゃいました。

Inter BEE 2016(国際放送機器展)出展報告

サービスの詳細についてはこちら
CG318-4Kに搭載されたPQモードについて詳しく解説した記事が公開されました(PRO NEWS)

 

② 開発中HDR対応モニターの参考出展

また、HDRコンテンツのリファレンス用途に、開発中HDR対応モニターも参考展示しました。忠実な色再現に加え、高輝度1000 cd/m2と高コントラストを実現し、HDR映像の仕上がりをリアルに再現できます。

Inter BEE 2016(国際放送機器展)出展報告

映像制作者の皆様が熱心に説明に聞き入っていました。このコーナーを目当てに来場された方も多く、HDR映像に対する業界注目度の高さがうかがえました。

▼動画でのHDRコーナーの紹介もご覧ください。


▼その他、多数のメディアにニュースが掲載されました!
PC Watch
Macお宝鑑定団Blog

 

EIZOが考える先進のHDRワークフローを紹介
 

Inter BEE 2016(国際放送機器展)出展報告


当社4Kモニター「ColorEdge CG248-4K」「ColorEdge CG318-4K」を使い、編集後リアルタイムに4Kプレビューできる環境をご提案。

Inter BEE 2016(国際放送機器展)出展報告

おすすめ その1

編集モニター       プレビューモニター
23.8型4KUHD
ColorEdge CG248-4K  +  ColorEdge CG248-4K
 

おすすめ その2

編集モニター       プレビューモニター
27.0型WQHD           31.1型DCI 4K
ColorEdge CG277  +  ColorEdge CG248-4K

映像の仕上がりを確認しながら制作できるので、余計な手戻りを削減し効率をぐっとアップできます。さらにBOXXワークステーションとつなげることで、快適な処理スピードを保ちつつ、ストレスなく作業に集中できます。

 

 

EIZOが考える先進のHDRワークフローを紹介
 

Inter BEE 2016(国際放送機器展)出展報告 Inter BEE 2016(国際放送機器展)出展報告
離れた環境の制作者A、Bを想定 管理者のPC画面

 

「複数台のモニターの調整をするのは時間もかかるし、面倒…。」こうしたお悩みをお持ちの管理者の皆様に、EIZO独自のカラーマネージメントネットワークソリューション「ColorNavigator Network」をご紹介しました。
このソリューションを使えば、離れた場所にある制作モニターのキャリブレーションや、カラーモードの設定・切替え、使用状況などを、ネットワークを介して簡単に管理することができます。

ColorNavigator Networkの利用は、アカウントの発行、運用ともに無償です。
興味のある方はぜひご検討ください。

ColorNavigator Networkの詳細はこちら
 

 

展示製品についてのお問合せはこちら

 

 

ご質問、資料請求、見積依頼など
お気軽にご相談、お問合せください。
  お問合せ

 

 

 

知ってトクする!EIZOのお役立ちコンテンツ

Cool Japanを支える、EIZO 安心、4Kモニター導入ガイド
3DCG、映像制作関連の導入企業をご紹介 4Kに関するお悩みはこちら!安心、4Kモニター導入ガイド

 

ピックアップ

  • 悩んでいるあなたに…おすすめのColorEdgeをご提案
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • ColorEdge 写真家100名、唯一の選択
  • 映像制作者のためのカラーワークフロー連載
  • 第4弾!Twitterイラストコンテスト開催中!
  • Cool Japanを支える、EIZO 導入企業様一覧
  • 3DCGでのカラーマネージメントがよくわかる!読み物公開中
  • 雑誌掲載記事
  • ColorEdge受賞
  • 開催イベントのあゆみ
  • 壁紙データ
prev next