グラフィックスボード

DuraVision FDH3601とビデオカードの互換性について 2011.07

対象機種: DuraVision FDH3601

DuraVision FDH3601とビデオカードの互換性についてご案内いたします。

ご注意:
当内容は、当社が独自で実施した互換性評価を基にしたものであり、実際のユーザーの環境での互換性を保証するものではありません。また、最新ドライバのインストールや最新OSのインストールについては、ユーザーの責任において行うこととなります。これらインストールに起因するトラブル、不具合については当社では一切の責任を負いかねます。
 

1. 対応機種

モニター: DuraVision FDH3601
ビデオカード: FirePro V4800, FirePro V5800, Quadro FX380, Xenia Pro

 

2. 評価OS

Windows 7 Professional (64-bit版)

・推奨解像度の表示については全てのビデオカードで問題ありません。
・左右の表示ズレを無くすにはストレッチモードで使用する必要があります。
・FirePro V5800でパワーセーブに入れない場合があります。
・詳細は次頁を参照下さい。

 

製品名 ドライバ 接続方法 互換性
AMD FirePro V4800 8.743.3.2 DisplayPort 問題無し※1
AMD FirePro V5800 8.743.3.2 DisplayPort 問題無し※1 ※2
NVIDIA Quadro FX380 275.36 Dual link DVI 問題無し※1
Matrox Xenia Pro 2.9.1.66 Dual link DVI 問題無し※1 ※3

 

  1. ※1左右の表示ズレを無くすにはストレッチモードに設定する必要があります。
  2. ※2使用するPCによってパワーセーブが機能しない場合があります。
  3. ※3Windows 7のAeroには対応していません。

 

<備考1>
ストレッチモードとは複数のモニターを1つのモニターとして認識させるモードです。(FDH3601の場合は左右2画面を1画面として認識させる事を指します)
例えば、ウィンドウを最大化した際、通常のマルチモニター設定の場合は左右いずれかの画面全体に最大化されますが、ストレッチモードの場合は表示領域全体に拡大されます。

通常のマルチモニター / ストレッチモード

 

<備考2>
FDH3601を1つのモニターとして使う場合、描画のタイミング(=垂直同期のタイミング)が左右で一致しているのが望ましいです。もし描画のタイミングが一致していない場合、下図のように境界線で描画がずれてしまう場合があります

境界線で描画がずれてしまう場合