ビジネス・エンタープライズ

北海道岩見沢緑陵高等学校 様

image

さまざまな用途で使われるコンピュータ教室だからこそ!
USB Type-C搭載のEIZOモニターで快適に学習を

image

 北海道岩見沢緑陵高等学校の情報コミュニケーション課は、情報処理分野における資格取得を目指す生徒が多く、社会に出て即戦力となるソフトウェアの使い方を豊富に学べる教育環境を完備しています。

 長年EIZOモニターをコンピュータ教室で活用いただいており、2022年5月には、USB Type-C端子搭載のニュースタンダードモニター FlexScan EV2480を新たに88台導入いただきました。導入までの経緯や導入後の使用感を、ご担当者に伺いました。

  image   image  
 

教諭 川崎氏

 

実習助手 髙橋氏

 

 

コンピュータ教室で行われている授業の内容を教えてください。

 本学のコンピュータ教室では、主に情報コミュニケーション科の授業が行われています。同科では資格試験の授業からCGアニメーションやイラスト制作といったグラフィック系の授業まで、幅広い授業を行っています。今後の情報化社会で役立つ実践的な力を養うこれらの授業は、本学の生徒だけでなく、地域貢献の一環として地元の中学生を対象に開かれることもあります。   image

 

当社モニター導入のきっかけを教えてください。

 本学で初めてEIZOモニターを導入したのはEIZOブランドになる前のNANAOブランドの時からになります。画面表示の安定性に定評があったことが導入の決め手でした。前述の通り、本学のコンピュータ教室ではグラフィック系の授業も行われますので、厳密なカラーマネージメントまでは不要なものの、安定した画面表示性能を重視したのです。その結果採用したEIZOモニターは、期待を裏切らない表示性能で、非常に満足のいくものでした。以降の定期的な機器更新でもEIZOモニターを選定し続け、今回で5度目の導入になります。

image
 

今回FlexScan EV2480を導入いただいた理由をお聞かせください。

 これまでの信頼と実績からEIZOモニターで検討していましたが、数あるEIZOモニターの中からEV2480を選定するに至ったのには、大きく2つの理由があります。

理由1:便利なUSB Type-C端子搭載
 1つ目の理由として、USB Type-C端子を搭載している点が挙げられます。本学では今年度より、入学生一人一人がタブレットPCを購入しています。今後、コンピュータ教室でも利用していくことを考え、USB Type-Cケーブル1本の接続でモニター表示・タブレットPCへの給電が可能なEV2480を選定しました。一度に大勢が使用するコンピュータ教室だからこそ、セットアップにかかる手間が最小になることは大きなメリットであると考えました。


理由2:縦回転可能で自由度が高い
 2つ目の理由は、縦回転が可能である点です。グラフィック系の授業で縦長コンテンツの制作をする際、全体が見やすく、使いやすいのではと考えました。また、資格試験の授業においても、例えばプログラミングのように、縦長表示することで学習がより捗るケースもあるかと推測しました。
  image

 

導入後に感じたメリットや使用感を教えてください。

 USB Type-Cケーブル1本で映像出力と電源供給ができる点は、想像以上の利便性の高さでした。以前のコンピュータ教室では、一度に多くの電源供給を行うことが難しく、時には電源ドラムを使用することもありましたが、ケーブル配線が非常に煩雑となり、生徒がケーブルに引っかかるリスクを回避するために工夫を凝らす必要がありました。その点、EV2480はUSB Type-Cケーブルで接続すればタブレットPCへの電源供給も行われるので、タブレットPC用の電源ケーブルもコンセントも不要となります。これは過去の状況から見て、大いにメリットであると感じています。

image

 

当社への要望があれば教えてください。

 ソフトウェアやデバイスの基本の使い方を教えると、生徒の中には創意工夫して自ら次のステップに進もうとする者もいます。例えば3DCGの授業では、教えた内容より高度な作品を作ろうと、自らWeb検索をしてモーションを追加する生徒もいます。簡単に接続することができ、縦回転など自由な使い方ができるEIZOモニターは、生徒の想像力と創意工夫を高める一助になっています。私たちはこれからも、生徒が楽しみながら能力を伸ばせるような授業を考えていきます。EIZOにはこれからもより良い製品を作ることで、学習しやすい教育環境づくりをサポートしてほしいと思います。

 

■ご協力
北海道岩見沢緑陵高等学校
ホームページ:https://sites.google.com/iwamizawa-ryokuryo.ed.jp/web/


 

導入製品

本事例の内容は取材当時のものであり、閲覧時点で変更されている可能性があります。ご了承ください。


ワークスタイルで選ぶ
導入事例