採用情報

トップメッセージ

EIZOのめざすもの

モニターメーカーから「Visual Technology Company」へ。

EIZOは常に変わり続けている会社です。しかも、その流れはますますスピードを上げているところで、私たちは今、10年後のEIZOの姿を"デザイン"しています。その一つが「Visual Technology Company」に向けた歩みであり、モニターを開発・生産・販売するメーカーから新たな段階へと踏み出しています。医療市場を例に挙げると、診断の現場で使われるモニターに留まらず、手術室全体の映像ソリューションとして、モニターや周辺機器、制御ソフトウェアなどをトータルに提案しています。
もちろん、この新たな展開でも追求するものは、「EIZOでしかできないこと」に変わりはありません。私たちはこれまで、医療やクリエイティブワーク、船舶、鉄道、セキュリティ、航空管制など、さまざまな分野のモニターを開発してきました。これらのEIZOブランドは、従来にないアイディアを盛り込み、独自の画像処理を実現するICチップ(ASIC)を自社で開発するなど、当社でしか誕生しなかった製品ばかりだと自負しています。
このようなDNAを有したEIZOは、とてもエモーショナルな会社でもあります。社員一人ひとりが、ユーザーが"感動"できる商品を作りたいと考え、携わる製品に"愛"を持ち、EIZOブランドは世界一だという"誇り"を抱いています。EIZOは、この3つの想いからつくられていると言えるでしょう。

「自分自身がどうなりたいか」を明確に。

私たちEIZOは、社員一人ひとりが個性豊かなビジョンを描き、新たな分野に挑戦していく「情熱」を持ち続ける人材が集まる会社でなければならない、と常々考えています。そんな社員の想いが集うEIZOですから、人と人のつながりを深くするコミュニケーション能力はとても重要です。これまで皆さんは、IQを求められることが多かったかもしれませんが、社会人となってからはEQ(心の知能指数)の高さも欠かせません。強い個性と情熱を持ちながらも、自分の想いと他者の想いが社内の至る所で共有・融合され、より独創的なビジョンが生み出される、EIZOはそんな会社です。
従って、単なる安定を求めるだけの考えは、当社では必要ありません。「自分自身がどうなりたいか」を明らかにし、その将来像をEIZOで実現したいという方を求めています。「どんな会社で働きたいか」ではなく、あくまでも自分自身の目指す道を探し、その舞台にEIZOが合致していればぜひ、当社とともに歩んでいきましょう。