ニュースリリース

HDRに対応した27型制作用モニターを2機種発売 ドッキングステーション機能を搭載することでクリエイターの利便性を向上

2022年1月27日

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、HDR映像の制作に適した27型のカラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG2700X」「ColorEdge CG2700S」を、2022年春以降に発売します。価格はオープン価格※1です。

※1 オープン価格の製品は標準価格を定めていません。参考価格となります。EIZOダイレクト価格も現段階では未定です。

CG2700XとG2700S

1.概要

 ColorEdge CG2700Xは、4K UHD(3840×2160)解像度、ColorEdge CG2700Sは、WQHD(2560×1440)解像度を持ちます。両機種は、ColorEdge CG279XおよびColorEdge CG2730-Zの後継機種で、プロフォトやデザイン、印刷から3DCG、映像制作まで、あらゆるクリエイティブワークに適しています。

 現行機種からの進化ポイントとして、ノートPCとUSB Type-Cで接続することで、画面表示、USB信号の伝送のみならず、PCへの90W以上の給電、有線LAN接続を実現。MacBook ProなどのハイエンドノートPCでの制作時も、モニターをドッキングステーション代わりに利用でき、クリエイターの利便性を大幅に向上させました。

 また、映像制作向けの機能を強化しており、現行機種を超える高輝度・高コントラスト比を実現。制作用のHDR表示に対応し、映画や放送の国際規格に準じる専用カラーモードも標準搭載することで、幅広いコンテンツの編集・プレビューを可能にしました。

 その他、筐体や遮光フードのデザインを一新しました。筐体の背面にはパンチングメタルを採用し、意匠で放熱の効率化を実現しています。

 クリエイターに求められる正確な色表示を実現する各種性能は、現行機種を踏襲しています。キャリブレーションセンサーを筐体に内蔵することで色管理を自動化。広色域表示や滑らかな階調表現を実現し、画面の表示ムラ補正機能などを搭載しています。

 

2.進化ポイントの詳細

ケーブル1本の接続で、モニターをドッキングステーションのように活用

ケーブル1本の接続で、モニターをドッキングステーションのように活用 付属のUSB Type-Cケーブル1本のシンプルな接続で、画面表示、USB信号の伝送、PCへの給電、安定した有線LAN接続を実現します。
 CG2700Xは94W、CG2700Sは92Wと、当社モニターにおいて最大の給電能力があります。MacBook ProなどのハイエンドノートPCの給電に対応し、ノートPCに高負荷がかかる作業時でも、ノートPCの電源アダプタを用意することなく、作業しながら給電可能です。
 両機種とも有線LANポートを新規に搭載。有線LANポートを搭載しないノートPCやタブレット機器でも、モニターを有線LAN接続しておくことで安定したインターネット環境を利用でき、Wi-Fi(無線LAN)では時間のかかる大容量のデータの送受信も快適です。
 また、筐体側面にUSBポートを4端子搭載(USB 3.1 Gen 1: Type-A×2、USB 2.0: Type-A×2)。ペンタブレット、キーボードやヘッドホンなどのUSB機器をモニターに接続して利用でき、近年のUSBポートの少ないノートPCにおいて便利です。

 

映像制作における4Kプレビューのニーズに対応(CG2700Xのみ)

 CG2700Xは、プロクリエイター向けの「ColorEdge CGシリーズ」で初めて、27型で4K UHD(3840×2160)の高解像度を持ちます。4K動画コンテンツのプレビューが可能で、デジタルフォトでの高画素画像の確認も快適です。

 

Hybrid Log Gamma方式とPQ方式、両方のHDR特有のガンマ(EOTF)※2に対応

 放送向けの「Hybrid Log Gamma方式」と、配信・映画制作向けの「PQ方式」、両方のHDR入出力特性に合った表示ができるため、HDRコンテンツの制作・色確認作業に適しています。「Hybrid Log Gamma方式」は、HDRの国際標準規格であるITU-R BT.2100に、「PQ方式」は、ITU-R BT.2100およびSMPTE ST2084に準拠しています。

※2 ガンマとは、入出力特性を示す値。EOTFはElectro-Optical Transfer Functionの略。

 

広色域表示かつDCI-P3、BT.2020を含む映像制作専用カラーモードを搭載

 デジタルシネマ規格である「DCI-P3」の色域を98%カバーする広色域表示を実現。4K/8K放送の色基準となる「BT.2020」に準拠したカラーモードも搭載しています。フォト向けにはAdobe RGBも99%カバーしており、sRGB相当の一般的なモニターでは再現しきれない、鮮やかな青空や新緑の色を忠実に再現できます。
 カラーモードはモニター前面のボタンから簡単に切替えでき、用途や制作プロジェクトに応じた色管理を手間なく行えます。
色域図

 

映像制作専用機能:カラー設定が自動で切替わる「Sync Signal機能」を搭載

 入力信号のメタデータに連動して、モニターのカラー設定(輝度・ガンマ(EOTF)・色域)の切替えを自動で行う「Sync Signal機能」を搭載。複数の異なるプロジェクトを同時に進行する際に、手動でカラー設定を切替える必要がないため、設定ミスを抑止し、正しい色表示のもと安心して作業に取組めます。

 

映像制作専用機能:「ニアレストネイバー方式」の補間方式に対応(CG2700Xのみ)

 画像の拡大補間方式「ニアレストネイバー方式」に対応しました。ニアレストネイバーは、拡大画素に最も近い位置の元画素を完全にコピーして並べる拡大方式で、入力画像から色変化がなく、正確な色表示が可能です。ニアレストネイバーをオフにした場合は、周りの画素とバランスの取れた階調で補間するため、滑らかな階調表示となります。モニター前面のボタンから、簡単に画像の補間方式の選択ができます。

  • 「ニアレストネイバー方式」を選択できるのは、拡大率が整数倍の場合のみ。

 

映像制作専用機能:「DCI 4K クロッピング機能」(CG2700Xのみ)

 CG2700Xの4K UHD(3840×2160)解像度を超えるDCI 4K(4096×2160)の信号を入力した場合に、左・右・中央と部分的に切り出して表示する「DCI 4K クロッピング」機能を搭載しました。DCI 4Kで制作されたコンテンツの確認に活用できます。

 

新デザイン採用:筐体の背面にパンチングメタルを採用し、ファンレス設計を実現

 従来樹脂で成型していた筐体の背面にパンチングメタルを採用し、高品位モニターにふさわしい意匠に進化。パンチングメタルを採用したことで、PCへの給電やモニターの高輝度表示時に生じる熱の放熱を、ファンを使わずに効率的に実現しました。標準同梱される遮光フードのデザインもノイズレスに一新しています。

 

3.従来機種を踏襲するポイント

測定精度の高いキャリブレーションセンサーを内蔵し、手間なく正確に表示を調整

画面の隅々まで均一に表示

豊かな色再現をかなえる10-bit表示に対応

専用のカラーマネージメントソフトウェア「ColorNavigator 7」に対応

ネットワークカラーマネージメントソリューション「ColorNavigator Network」に対応

独自のユニフォミティ補正回路により、画面の隅々まで均一に表示

見る角度による色変化が少ないアンチグレアIPSパネル

安心の5年間保証に加えて、購入から6か月の無輝点保証を用意

モニター画面と写真プリントの色合わせソフトウェア「Quick Color Match」に対応(CG2700Sのみ)

  • 本ニュースリリースの内容は、2022年1月27日時点での仕様に基づきます。製品の仕様は発売までに変更する場合があります。
 
5年間保証
無輝点保証

4.関連情報

製品の詳細は、CG2700X、CG2700Sのスペシャルページをご確認ください。

CG2700X / CG2700Sスペシャルページ

 

お問合せ先

【お客様からのお問合せ】

EIZOコンタクトセンター
TEL:0570-200-557 FAX:076-275-4128

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795 
E-Mail
Webサイト:https://www.eizo.co.jp/press/