ニュースリリース

働き方の多様化に対応する、省スペースかつUSB Type-C搭載の23.8型フルHDモニターを発売

2021年1月12日

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、23.8型フルHD液晶モニター「FlexScan EV2480」を2月2日に発売します。価格はオープン価格です。

  • オープン価格の製品は標準価格を定めていません。 【参考価格】EIZOダイレクト販売価格 43,780円(税込)

FlexScan EV2480

 

1. 概要

 テレワークやオフィスのフリーアドレス導入など、働き方の多様化に伴い、デスクトップPCから持ち運びに便利なノートPCへの移行が加速しています。しかし、ノートPCの小さな画面では表示できる情報が少ないため、報告書や売上表など複数の資料を同時に見る作業では、業務効率が下がる場合があります。そこで当社は2016年からノートPCの外付けモニターとして、ノートPCへの給電から映像・音声・USB信号の伝送まで対応するUSB Type-C入力端子を搭載したモニターを展開しており、現在では37.5型から24.1型までラインナップしています。

 今回発売する「FlexScan EV2480」は、23.8型フルHD(1920×1080ピクセル)の画面サイズ・解像度に対応。当社のUSB Type-C対応モニターとして最も小型であり、オフィス用として最も普及している画面サイズです。今回のラインナップ拡充により、多様化する働き方に合わせたユーザーの選択肢が更に拡がります。

 その他、オフィス向けモニターFlexScanの高い基本性能を踏襲し、ブルーライト約80%カットやちらつきの完全カットなど目にやさしい機能を搭載し、軽量化構造やリサイクル材の使用など環境に配慮したデザインを採用しています。

 

2. 主な特長

■USB Type-Cを搭載し、ケーブル1本でノートPC接続・給電が可能
 ノートPCとUSB Type-Cケーブル1本の接続で、ノートPCへの70W給電も、映像の表示、音声の再生、USB信号の伝送もできます。フリーアドレスのオフィスに出社してデスクワークを始める際に、あるいは在宅勤務を始める際に、ノートPCからケーブルを1本接続するだけで、快適なPC作業をすぐに始められます。

 

■USB機器との接続に便利なUSBハブを4端子搭載
 USBハブ(Type-A)を4端子搭載しているので、マウスやキーボードだけでなく、Webカメラや外部ストレージなども同時に接続が可能です。USB端子の少ないノートPCとの接続時や、フリーアドレスなどの共有スペースにおけるUSB機器の共用に便利です。

 

■フルHD対応かつ省スペース設計
 23.8型フルHD(1920×1080ピクセル)解像度のIPSパネルを搭載。ノートPCと接続することにより、例えば14型のノートPCと比較した場合、画面サイズが約3倍に広がるため、ウィンドウの切替えやスクロールの回数が減り、効率的に作業できます。

 横幅537.8mm、奥行き230mmの省スペース設計。スタンドの昇降範囲も191.2mmと広く、ノートPCをモニターの下に設置すれば、自宅のコンパクトなデスクでも省スペースにマルチ画面を実現できます。

 

■目にやさしい機能を豊富に搭載
 ブルーライト約80%カットや、ちらつきの完全カット、画面の明るさの自動調整機能、あたかも紙のような見え方に切替えできる「Paperモード」など、長時間のPC作業でも、目が疲れにくい機能が充実。疲労軽減により、集中力が高まり、生産性が向上します。

 

■環境にやさしいデザイン採用
 軽量化構造やリサイクル材の使用など、環境に配慮したデザインを採用。低消費電力設計により、消費電力やCO²排出の抑制に貢献します。使用済み製品の回収リサイクルを行い、使用後の責任まで果たします。


FlexScan EV2480 製品情報
 

お問合せ先

【お客様からのお問合せ】

EIZOコンタクトセンター
TEL:0570-200-557 FAX:076-275-4128

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795 
E-Mail
Webサイト:https://www.eizo.co.jp/press/