ニュースリリース

SDIコンバータを取付けできる映像制作用HDRリファレンスモニター「ColorEdge CG3145-BS」を標準モデル化

2019年5月14日

 

1.概要

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、モニター背面にSDIコンバータを取付けるための金具「CB-01」を5月27日に発売し、これを装備できるHDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145-BS(以下、CG3145-BS)」を標準モデルとします。

 また、CB-01に非対応で、昇降・スウィーベルに対応したスタンドを装備した従来の標準モデル「ColorEdge PROMINENCE CG3145(以下、CG3145)」は、受注生産モデルとなります。

ColorEdge PROMINENCE CG3145-BS

 

2.詳細

 CG3145-BS/CG3145は、HDR映像の制作工程において、最終色調整(カラーグレーディング)に使用する31.1型DCI 4K(4096×2160)解像度のリファレンスモニターです。SDI信号をHDMI信号に変換するコンバータを接続することで、映像制作工程で一般的に用いられるSDI信号入力に対応できます。

 CB-01は、CG3145-BSの背面にAJA Video Systems社製のSDIコンバータ「Hi5-4K-Plus」を取付けできる専用金具です。CB-01には、CG3145-BSのUSBポートからHi5-4K-Plusへ給電できる専用電源ケーブルおよびCG3145-BSへの映像信号入力用のHDMIケーブルが付属されます。

CB-01


 CG3145-BSとCB-01を組み合わせることにより、モニターとコンバータをすっきり一体化でき、机上を広々と使えるのみならず、Hi5-4K-Plus単独で電源アダプタを接続する必要がないため、配線が煩雑になりません。

CG3145-BS背面取り付けイメージ

 

  • CG3145-BS、Hi5-4K-Plus、CB-01は、セットでEIZOから購入できます。
  • CG3145-BS、Hi5-4K-Plus、CB-01はオープン価格です。オープン価格の製品は標準価格を定めていません。
     


ColorEdge PROMINENCE CG3145-BSの製品情報
CB-01の製品情報

お問合せ先

【お客様からのお問合せ】

EIZO株式会社 映像ソリューション営業部 法人営業課
TEL:03-5764-3401 FAX:03-5764-3420

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795
E-Mail
Webサイト:www.eizo.co.jp/press/