ニュースリリース

セキュリティ市場向けに、HDMI端子を追加したコンポジット端子(BNC)搭載19型モニターの後継を発売

2019年2月14日

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、セキュリティ市場向けに19型液晶モニター「DuraVision FDS1903-A」を2019年4月1日(月)に発売します。価格はオープン価格です。


1. 概要

 FDS1903-Aは、コンポジット(BNC)端子を搭載した19型1280×1024解像度の液晶モニターFDS1903の後継機種です。現行機種の基本性能を踏襲しただけではなく、さらにHDMI端子を搭載したことにより、多様なセキュリティ機器に接続できるようになりました。

FDS1903-A

2. 現行機種から進化した特長

 ■HDMI端子を搭載
 セキュリティ用ハードディスクレコーダーやPCとのデジタル接続用にHDMI端子を1系統搭載。

3. 現行機種から踏襲した特長

 ■アナログカメラなどとの接続用にコンポジット(BNC)端子を搭載
 ■NTSC、PAL、SECAMの各カラー映像方式に対応
 ■3次元YC分離機能、ノイズリダクション機能により、ノイズが少ない滑らかな映像表示を実現
 ■画面を下から見上げても映像を鮮明に表示するUp View機能の搭載
 ■天吊りや高所への壁掛け設置でも操作が快適なリモコンの付属
 ■安心して導入できる、24時間連続使用で長期2年間保証の実現

 

お問合せ先

【お客様からのお問合せ】

EIZO株式会社 営業1部 コーポレートソリューション営業課
TEL:03-5764-3401 FAX:03-5764-3420

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795
E-Mail
Webサイト:https://www.eizo.co.jp/press/