ニュースリリース

23.8型フレームレスモニターの後継2機種を発売

2018年9月13日

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、23.8型液晶モニターFlexScan EV2450-Z、FlexScan EV2450-Mを発売します。発売日や価格は、以下の通りです。

FlexScan EV2450-Z / EV2450-M
製品名 市場・用途 発売日 価格
EV2450-Z オフィス、文教など 10月1日 オープン価格
EV2450-M ヘルスケア(事務、電子カルテ表示など) 9月13日 オープン価格

※オープン価格の製品は標準価格を定めていません。
【参考価格】EV2450-Z:EIZOダイレクト販売価格39,960円(税込)、EV2450-M:ヘルスケア市場専売のためオープン価格のみ

 

1.概要

 EV2450-Z、EV2450-Mは、2014年9月から販売している23.8型フルHD解像度(1920×1080)の液晶モニターFlexScan EV2450の後継機種です。画面周囲の額縁が1mmのすっきりしたフレームレスデザインに加え、内蔵の人感センサーによる優れた省エネ性能が好評なEV2450に、用途に合わせて最適な映像信号ケーブルを付属することで、より導入しやすくしました。

 

2.詳細

現行機種からの主な変更点

■EV2450-Z
 オフィス、文教向けのEV2450-Zは、現在主流のPCに搭載されている映像出力端子との接続性向上のため、付属の映像信号ケーブルをDisplayPortケーブル、HDMIケーブルに変更します。

■EV2450-M
 ヘルスケア(医療事務、電子カルテ表示など)向けのEV2450-Mは、院内PCの映像出力端子を考慮し、DVI-Dケーブル、D-Subケーブルを引き続き付属します。

 

現行機種の基本機能の踏襲

■デスクを圧迫しないフレームレスデザイン
 画面の枠を感じさせないフレームレスデザインを採用。省スペースのため、フリーアドレスやPC教室、クリニックの受付などの設置スペースが限られた場所でも、机上を圧迫しません。また、複数のモニターと組み合せて使用するマルチモニター環境でも、画面間の継ぎ目で視線移動が途切れにくく、複数画面にまたがる情報もストレスなく参照できます。

■オフィスや院内をぐっと明るくする、ホワイトモデルも用意
 筐体色がホワイトのモデルも用意。明るく清潔感のあるホワイトモデルは、オフィスや歯科医院などに最適です。

■複数人で画面を見ても、クリアな映像
 広視野角のIPSパネルを採用。見る角度による明るさや色味の変化を抑えます。ミーティングスペースや診察室などで複数人が画面を見る際も、はっきりとした映像が表示されます。

■PCを選ばない、充実した入出力端子
 デジタル(DisplayPort、HDMI、DVI-D)とアナログ(D-Sub 15ピン)の4系統の映像入力端子を搭載。さらに、スピーカーおよびヘッドホン端子を装備し、音声ニーズにも対応します。

■資産情報の一元管理
 資産管理者の手間を軽減する、無償ソフトウェアScreen InStyle Serverに対応。ネットワーク内のScreen InStyle導入済みモニターの機種名や製造番号(S/N)などの情報を自動で取得し、Webブラウザ上に一覧表示できます。モニターだけではなく、接続しているPCのコンピュータ名、OS、IPアドレスなどの情報も取得でき、資産情報を効率的に管理できます。
 


お問合せ先

【お客様からのお問合せ】

■EV2450-Z
EIZOコンタクトセンター
TEL:0570-200-557 FAX:076-275-4128

■EV2450-M
EIZO株式会社 営業1部 メディカルクライアントソリューション課
TEL:03-5764-3404

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/