ニュースリリース

PCを使わず直接IPカメラの接続・操作が行えるセキュリティ用46.0型液晶モニターを発売

2016年8月30日

 

 DuraVision DF4627W-IPEIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、セキュリティ市場向けにPCやセットトップボックス等の機器を用いず、最大16台のIPカメラの映像表示と遠隔操作が行える46.0型カラー液晶モニター「DuraVision FDF4627W-IP」を2017年2月に発売します。(価格はオープン価格です。) 

 

 DuraVision FDF4627W-IPは、2014年に発売した23.0型カラー液晶モニター「DuraVision FDF2304W-IP」を46.0型へ大画面化した製品です。IPカメラをLANケーブルで接続するだけで最大16台分のカメラ画像を表示できるほか、手元のリモコンから各IPカメラのパン、チルト、ズーム、明るさ、フォーカス等の遠隔操作が行えるといった特長や、11社200種以上のIPカメラとの接続、表示、操作を検証済みという特長はそのまま、46.0型の大画面で監視を行えます。

 

 大画面モデルをラインナップに持つことにより、更にユーザーの環境に合わせた提案が行えるようになりました。セキュリティルームへの販売を中心に、セキュリティ市場への拡販を行っていきます。


※オープン価格の商品は標準価格を定めていません。

お問合せ

【お客様からのお問合せ】

EIZO株式会社 営業1部 コーポレートソリューション営業課
TEL:03-5764-3401 FAX:03-5764-3420

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/