ニュースリリース

手術室向け映像ソリューション事業に本格参入 ~メディカル事業の更なる拡大へ~

2014年10月30日
 

会 社 名  EIZO株式会社  
代表者名  代表取締役社長 実盛 祥隆
(コード番号 6737 東証第一部)
問合せ先  取締役常務執行役員  
  総 務 部 長 村井 雄一
電話番号  076 (275) 4121  

   



 

 

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛祥隆)は、手術室向けの映像ソリューション事業に本格参入します。

 当社はこれまで手術室向けには、X線透視装置や内視鏡など様々なシステムから送信される医療情報を収集し管理する機器と、それら医療情報を表示する高解像度モニターというハードウェアの提案を行ってきました。

 しかし今日では医療の高度化に伴い、手術室内のシステムは複雑化し、医療情報も多様化しています。そのため、手術の円滑な進行や効率化に配慮した、多様な医用画像や情報の操作が簡単に行なえる解決方法が求められています。さらに、導入するシステムやその活用方法は施設ごとに異なり、手術室環境に対する要望も多様化傾向にあります。

 これに対し当社は今後、医療施設のお客様のコンサルティングを行い、個々の要望に合わせた手術室内の映像環境を、従来当社が得意としてきたハードウェアのみならず、新たにソフトウェアやネットワークも含め総合的にソリューション提案する体制を整えました。

 CuratOR具体的には、ドイツのグループ会社EIZO GmbH内にORソリューションの開発・販売・導入支援を行う専門チームを立ち上げ、日本国内では、営業部内に「モダリティ・ORソリューション課」を新設し、活動を開始します。

 また今後の本格展開に向けて、当社のソリューションを「CuratOR(キュレーター)」と名付けました。これは手術室向け映像ソリューションの専門家になるという、EIZOの意思を表しています。

 当社はこれまで展開していた医療画像表示用や、電子カルテ用のモニター提案に加えて、今回発表の手術室向けの総合的な映像ソリューション「CuratOR」を提供していきます。そして、病院内の様々な映像ニーズに対応するメディカル映像ソリューションプロバイダーとして、メディカル市場で圧倒的No.1を目指し、当社の存在感をさらに高めていきます。

 なお、2014年11月12日(水)~15日(土)にデュッセルドルフ市で開催される医療機器・製品展示会「Medica 2014」で当ソリューション全製品を一堂に展示します。