ニュースリリース

外光の映り込みの更なる軽減により、表示の鮮明さを向上させた医用画像表示モニター2モデルを発売

2014年12月18日

 

RadiForce RX850-AR RX650-AR

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、医用画像表示モニター RadiForce RX850-AR(31.1型カラー液晶モニター)とRX650-AR(30型カラー液晶モニター)を2014年12月18日に発売します。

  • 価格はオープン。オープン価格の製品は標準価格を定めていません。


 RX850-ARとRX650-ARは、販売中のRX850とRX650をベースに、画面表面の反射防止加工をアンチリフレクション(AR)コーティング仕様にしたモデルです。従来のアンチグレア(AG)と呼ばれる反射防止加工とは異なる新たな加工法を用いることで、デジタルマンモグラフィや胸部レントゲンなどの高画質が求められる様々な医用画像を、更に鮮明で見やすく表示します。
 

【画面反射防止加工について】
 液晶モニターには、照明等の画面への映り込みを軽減するため、アンチグレア(AG)と呼ばれる画面表面処理が一般的に用いられています。AG処理は、表面に微細な凹凸を施し入射光を拡散し反射を抑えますが、同時に入射光だけでなくモニター内部から発せられるバックライトの光も拡散してしまいます(図1)。そのため映り込みの軽減と引き換えに、表示画像の輪郭部分の鮮明さが低下したり、黒が白っぽく見えることがあります。

 このようなAG処理の欠点を補うのがアンチリフレクション(AR)コーティング処理です。AR処理は、凹凸ではなく、入射光と反射光の干渉(差し引き)を利用して反射を低減するため、バックライトの光はそのまま通します(図2、図3)。そのため、AG処理よりも映り込みを抑えながらも鮮明な画像を表示し、黒が白っぽく見えることも防ぎます。

RadiForce_Illust_AR_02.jpg

RadiForce_Illust_AG.jpg
図1 AG処理

RadiForce_Illust_AR.jpg
図2 AR処理

 
図3 干渉による打ち消しあい  

 

 さらに、一般的なAR処理では、画面への若干の映り込みが紫色を帯びたように見えてしまいますが、当社は独自のAR処理を行うことで、このような色つきを抑え、映り込みが更に目立ちにくい特長を持っています。

 このAR処理の詳細については、当社ウェブサイトの技術情報文書「AR(アンチリフレクション)処理の優位性」にて公開しています。

 

お問合せ

【お客様からのお問合せ】

EIZO株式会社 営業1部 メディカル課
TEL:03-5715-2014 FAX:03-3458-7001

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 販売促進課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/