ニュースリリース

手書きソフトウェアを標準添付したマルチタッチ対応の液晶モニター2機種を発売

2014年4月8日

 

1.概要 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、手書きソフトウェアの「PenPlusプロ for EIZO」を標準添付した58cm(23.0)型タッチパネル装着カラー液晶モニター「FlexScan T2381W-PP」と43cm(17.0)型タッチパネル装着カラー液晶モニター「FlexScan T1781-PP」を4月15日に発売します。(価格はオープン

  • オープン価格の商品は標準価格を定めていません。参考価格(EIZOダイレクト販売価格は、FlexScan T2381W-PP:税込109,800円、FlexScan T1781-PP:税込119,800円)


 

FlexScan T2381W-PP/T1781-PP

 FlexScan T2381W-PPとFlexScan T1781-PPは、タッチ操作が軽快な投影型静電容量方式のタッチ方式を採用しています。モニター前面の額縁部に段差がないフルフラットデザインにより画面の端までしっかりとタッチできるため、Windows 8の基本操作である画面を端からなぞる操作(スワイプ)も行えます。

  フルフラットデザイン

 標準添付のソフトウェア「PenPlusプロ for EIZO」は、国内トップシェアの手書きソフトウェアであるプラスソフト社の「PenPlusプロ」に、EIZO製品向け独自の機能を追加したものです。PenPlusプロの使いやすさと多彩な機能はそのままに、表示画面を擬似的に分割してウィンドウを整列できる機能や、手書き入力が可能な範囲を制限できる機能が利用できます。
EIZOのタッチパネル液晶モニターとの組合せによって、パソコンのデスクトップやWebブラウザ上などにも、快適に手書き入力が行えます。また、手書き線のほかに、キーボードでのテキスト入力や画像、スタンプ、図形の貼付け、入力文字の加工などが可能です。入力内容は、簡単な操作でキャプチャー保存ができるほか、Microsoft WordやExcel、PowerPointなどのアプリケーションに直接貼付けもできるため、文教分野やビジネスプレゼンテーション、文書の訂正指示、クリッピング、資料作成などさまざまな用途で活用できます。

 特に文教分野においては、モニターの操作画面をミラーリング表示することで、低コストで既設の大型テレビやプロジェクターの電子黒板化が可能です。既存のパソコンと同じ操作で利用できるため、実際に使用する教師にとって操作方法習得の負担が少なく、スムーズに導入・活用が行えます。


 

モニターの操作画面をミラーリング表示

2.その他の主な特長

  • 拡大/縮小/回転などの直感的なタッチ操作が可能な5点マルチタッチ対応

    ※ Windows XPはシングルタッチのみ

  • 専用ポインター(タッチペン)を標準添付
  • 画面角度を15°~70°の幅広い範囲で無段階に調整可能
  • 斜めから見ても視認性に優れる広視野角IPSパネルを採用
  • 画面への映り込みが目立ちにくいノングレア仕様
  • 1677万色フルカラー表示、10bit-LUTによる滑らかな階調表現
  • DisplayPort、DVI-D、D-Sub 15ピンの3系統入力
  • USBハブを2系統搭載
  • ステレオスピーカーとヘッドホン端子を搭載し、音声ニーズに対応
  • 多彩な表示モード(User1、User2、sRGB、Paper、Movie)
  • ブラック/セレーングレイのカラーバリエーションを用意

標準添付のポインター「TP5」
標準添付のポインター「TP5」
 

画面角度の調整イメージ
画面角度の調整イメージ


お問合せ先

【お客様からのお問合せ】

EIZOコンタクトセンター
TEL:0570-200-557 FAX:076-275-4128

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 販売促進課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/