基礎知識

高画素密度(HiDPI)モニターなのに表示がぼやける!?HiDPIの基礎知識、設定を徹底解説

 

高精細で滑らかな表示を楽しむため、高画素密度(HiDPI)モニターの購入を検討。しかし、HiDPIモニターを使用しても、ノートPCとの組み合わせや使用するアプリによっては、ぼやけて見えるケースがあるのをご存知でしょうか?

最近注目度の高い「ノートPC+外付けのHiDPIモニター(EV2785)」という組み合わせで、HiDPI表示を実現するために知っておきたいポイントを解説します。
  ノートPC + 外付けのHiDPIモニター(EV2785)

 

 

01

HiDPIモニターなのに文字がぼやける!?

 

Windowsをお使いの場合、HiDPI表示の対応レベル(DPI Awareness)がアプリごとに異なることが原因の1つです。HiDPI表示対応といっても、単純に対応・非対応だけではありません。ノートPCと外付けモニターのようなマルチモニター構成の場合、アプリによってはメイン以外のモニター表示がぼやけてしまうことがあります。期待通り高精細に表示するには、DPI Awarenessを正しく知る必要があります。

  HiDPIモニターなのに文字がぼやける!?

 

 

02

HiDPI表示の対応レベル(DPI Awareness)って何?

 

アプリのHiDPI表示の対応レベルを表すのがDPI Awarenessです。下表の通り、3レベルあります。
特に、ノートPCと外付けモニターの組み合わせのように、画素密度の異なるモニターを併用しているときに注意が必要です。
 

HiDPI表示の対応レベル(DPI Awareness)表

レベル HiDPI表示 説明
シングルモニター マルチモニター
Per-Monitor aware
(完全対応)
モニターごとに異なるDPI拡大率に対応。
メインモニターもその他のモニターも適切な精細度で表示。
System aware
(部分対応)
メインモニターは適切な精細度で表示されるが、その他のモニターではぼやけて表示されることがある。
Unaware
(非対応)
× × OSが強制的に拡大するので、ぼやけて表示される。
DPI 100%(拡大なし)が最も見やすい。

 

 

それでは、「WXGA解像度(1366×768)のノートPCと外付けHiDPIモニター」という異なるDPIの組み合わせ例で、実際の見え方を説明します。
メインモニターのDPI拡大率は100%、そのほかのモニターのDPI拡大率は150%とします。
 

実際の見え方(WXGAノートPCと外付けHiDPIモニターの組み合わせ例)

レベル HiDPI表示 推奨設定
メイン:ノートPC
DPI拡大率100%
その他:外付けモニター
DPI拡大率150%
アプリ例
Per-Monitor aware
(完全対応)
Per-Monitor aware メイン:DPI拡大率100%

○画素密度に応じた適切な表示
Per-Monitor aware その他:DPI拡大率150%

○画素密度に応じた適切な表示
ブラウザ 特別な設定は不要。
System aware
(部分対応)
System aware メイン:DPI拡大率100%

○画素密度に応じた適切な表示
System aware その他:DPI拡大率150%

△強制的に拡大するのでぼやけた表示
Office

よく使用する画面をメインに設定する。メインとその他の画面のDPI拡大率を揃える

※EV2785がおすすめ!
最近主流のフルHD解像度のノートPCの標準DPI拡大率(150%)と同じなので合わせやすい。

Unaware
(非対応)
Unaware メイン:DPI拡大率100%

○拡大しないため適切な表示
Unaware その他:DPI拡大率150%

×ぼやけた表示
その他
トレーディング
ユーティリティなど
高画素密度モニターはおすすめしません。

 

 
 

03

アプリ別DPI Awareness対応表

 

CAD、画像編集、イラスト・DTP、映像制作、オフィス業務の主要なアプリのDPI Awarenessの対応状況をまとめました。
対応状況に合わせて、モニターの選択、OSのディスプレイ設定の変更を行ってください。

 

 

アプリ別DPI Awareness対応表 [PDF]

  アプリ別DPI Awareness対応表 [PDF]  

 

 

 

お役立ちリンク

 

 

 

 

 

set.jpg