ColorEdgeを使ったモニター画面と写真プリントのカラーマッチング手順

macOS×Canon×Photoshop CC

プリンタのプリント方法の設定をしよう!【プリンタの設定】

 

使用OS プリンタ 表示ソフトウェア
macOS Mojave 10.14 Canon PIXUS PRO-10S Adobe Photoshop CC
 

<プリント前に>
モニター上で印刷物の見え方をシミュレーション!Photoshop校正設定の手順はこちら

 

1. Adobe Photoshopの「ファイル」のプルダウンメニューから「プリント」を選択する。

プリントを選択

 

2. 「Photoshopプリント設定」画面が表示されたら、「プリンター」の選択で使用する「Canon PRO-10S Series」を選択し、「レイアウト:」で縦/横を選択後、「プリント設定...」ボタンをクリックする。

 

3. プリンタドライバーのプリント画面が表示されたら「プリンタ」で使用するプリンタを正しく選択し「詳細を表示」ボタンをクリックする。

プリンタドライバーのプリント画面が表示されたら④「プリンタ」で使用するプリンタを正しく選択し⑤「詳細を表示」ボタンをクリックする。

 

4. 必要に応じて「用紙サイズ」を設定してください。「品位と用紙の種類」タブを選択し「用紙の種類」に使用する用紙(例:光沢プロ プラチナグレード)を選択して「保存」ボタンをクリック。

Adobe Photoshopの「ファイル」のプルダウンメニューから「プリント」を選択する。

 

5. 「Photoshop プリント設定」画面に戻るので「カラーマネジメント」の「カラー処理」「Photoshopによるカラー管理」を設定、「プリンタープロファイル」に使用する用紙のプロファイルを、「マッチング方法」「相対的な色域を維持」を設定、「黒点の補正」のチェックを外して、最後に「プリント」ボタンをクリックする。

Adobe Photoshopの「ファイル」のプルダウンメニューから「プリント」を選択する。

  • 光沢プロプラチナグレードをCanon PIXUS PRO-10Sで印刷する際のプロファイル
    プロファイル名: Canon PRO-10S <PT>1/2/3 Photo Paper Pro Platinum

・マッチング方法
マッチング方法には、「知覚的」もしくは「相対的な色域を維持」を選択できる。「知覚的」はプリンタで再現できる色域に合わせ、表示する色域全体を圧縮する。階調のつながりを意識した仕上がりとなるため、印刷できる色域から外れる色が多く含まれる場合に有効である。一方、「相対的な色域を維持」は、色域を圧縮せずに印刷で再現できない色はもっとも近い色に変換する設定である。共通する色域内のカラー値を優先させるマッチング方法。

・黒点の補正
RGB値をCMYK値に変換する際に、黒点の差の絶対値を補正すること。補正なしでプリントを推奨しましたが、シャドウ部分の黒潰れが気になる場合は「黒点の補正」のチェックを入れてプリントしてください。チェックを入れることで、階調表現において低階調部の階調を均一に維持した自然な仕上がりとなる。
 

さらに色を合わせるには ~校正設定のすすめ~

使用する用紙の色味にあわせて、モニター上であらかじめシミュレーションすることができます。印刷前に、Photoshopの「校正設定」という機能をおすすめします。
この機能を用いて、プリンタと用紙の組み合わせで構成されるプロファイルを指定することで、モニター表示をより出力の色味に近づけることができます。

1. 「表示」メニューをクリックし一番上の「校正設定」にマウスを重ねると横にメニューが開くので一番上の「カスタム…」をクリックする。

「表示」メニューをクリックし一番上の「校正設定」にマウスを重ねると横にメニューが開くので一番上の「カスタム...」をクリックする。

2. 「シミュレートするデバイス」の選択ボタンをクリックし、プルダウンメニューから印刷する用紙のプロファイルを選び、「マッチング方法」「相対的な色域を維持」を設定、「黒点補正」のチェックを外して「プレビュー」のチェックを入れ、最後に「OK」ボタンをクリックする。

「シミュレートするデバイス」の選択ボタンをクリックし、プルダウンメニューから、プロファイル(例:PRO-10S、写真用紙・光沢 プロ プラチナグレードを使用する場合「Canon PRO-10S <PT> 1/2/3 Photo Paper Pro Platinum」)を選ぶ。