ニュースリリース

LAN接続による映像伝送およびPCの操作が可能な15型液晶モニター2機種を発売

2012年7月17日

 

 株式会社ナナオ(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、ローカルエリアネットワーク(LAN)での映像・音声信号の伝送と、USB 接続したマウス・キーボードからのPC 遠隔操作が可能なカラー液晶モニターを、2012年9月19 日より販売します。(価格はともにオープン

  • オープン価格の商品は標準価格を定めていません。

 

 今回発売する製品は、15.0型カラー液晶モニターDuraVision FDX1502N および15.0 型タッチパネル装着カラー液晶モニターFDX1502NT の2 機種です。PCとモニターをネットワークで接続することで、LAN ケーブル1本で映像および音声の長距離伝送が可能であるほか、無線LAN 接続(ワイヤレス接続)も行えます。無線LAN は、高速通信のIEEE802.11nにも準拠しており、動画の表示やタッチパネル操作も可能です。

fdx1502n_press.JPG

 このたびの製品開発は、当社の液晶モニターに関するイメージングの技術と、技術パートナーであるサイレックス・テクノロジー(株)のIT機器のネットワーク技術の組合せによって実現しました。

 

ケーブルの敷設ができない場所や、PC の設置スペースが限られる空間でもモニターが利用できるほか、モニター設置後のレイアウト変更なども容易になることから、当社では、工場の生産ラインの進捗状況表示や粉塵・振動等の対策、店舗内での広告表示などの法人向け用途へ導入を見込んでいます。

1.その他の特長

  • IEEE802.11a/b/g/n、10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tの主要なLAN規格に対応
  • 電波法技術基準適合証明、R&TTE、FCC/IC の主要な無線認証規格に適合
  • 1 台のPCに最大6台のFDX1502N/FDX1502NTを接続して遠隔表示/遠隔操作が可能
  • モニター側にUSB接続したプリンタ、USBメモリなどのUSB 機器の操作が可能
  • 最大400cd/m2(FDX1502NTは最大320cd/m2)の高輝度表示
  • FDX1502NTは指や手袋越しでもタッチ操作が行えるアナログ抵抗膜方式を採用
  • ステレオスピーカーを内蔵
  • 0~50℃、20~90%R.H.の幅広い動作温湿度条件
  • モニター部の上部に通気孔や開口部などが無く、内部に異物の侵入しにくい設計
  • 24 時間連続使用が可能(2 年間保証)

2.サイレックス・テクノロジー(株)について

社名 サイレックス・テクノロジー株式会社
本社 〒619-0237 京都府精華町光台二丁目3 番地1
代表者 代表取締役社長 河野 剛士
事業内容 プリントサーバ、デバイスサーバ、ワイヤレスモジュール、ディスプレイネットワーキング製品など、ネットワーク技術を応用したPC周辺機器開発、機器メーカへのOEM。設計生産受託開発(DMS/EMS)。
Webサイト http://www.silex.jp/

 

お問合せ

【お客様からのお問合せ】

株式会社ナナオ 営業1部 産業機器営業課
TEL:03-5715-2016 FAX:03-3458-7001

【報道関係各位のお問合せ】

株式会社ナナオ 企画部 販売促進課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/