会社情報

CSR

EIZOグループのCSRの考え方や基本方針、取組みをご紹介します。

CSRの考え方・基本方針

当社の最も重要な社会的責任は、事業活動そのものであると考えています。
製品やソリューション、サービスを提供することを通じて社会に寄与すること、また事業の成果を社会に還元すること、事業を行う上での法令遵守や人権尊重など、誠実に事業活動を行うことが当社の社会的責任であると認識しています。
また、地域社会のための活動に参加・協力することも企業市民としての当社の社会的責任の一つであると認識しており、このような活動にも積極的に取組みます。
この考え方より、私たちEIZOグループが守るべき指針であるとともに、ステークホルダーの皆様との約束でもあるEIZOグループ行動指針を、当社のCSRの基本方針としています。

CSRの基本方針:EIZOグループ行動指針 - 七つの約束 -

  1. 独自の技術・発想による新たな価値の創造と提案を通して、お客様に愛される高品質の商品・サービスを提供します
  2. 環境負荷低減に配慮した製品づくりと事業活動を推進します
  3. 国際企業として、グローバルな視野とマインドを持った行動をします
  4. オープンでフェアな取引を行います
  5. ステークホルダー(取引先・社員・株主・地域)との信頼関係の構築と維持に努めます
  6. 良き企業市民として、法とその精神を遵守します
  7. 基本的人権を尊重し、自由闊達な企業風土を大切にします

CSRの取組み

EIZOグループのCSRの取組みを「EIZOグループ行動指針 - 七つの約束 - 」に沿ってご紹介します。

事業を通じて当社が提供している価値と社会課題への寄与をご紹介します。

環境負荷低減に配慮した製品づくりと事業活動をご紹介します。

各国・地域の文化や価値観、多様性を尊重した事業展開と、責任ある鉱物調達についてご紹介します。

公平・公正な取引のための考え方および取組みをご紹介します。

ステークホルダーの皆さまとの対話や地域貢献活動をご紹介します。

コーポレートガバナンス体制やリスクマネジメント、コンプライアンスの考え方をご紹介します。

働きやすい職場環境をつくり、優れた人材を育成するための活動をご紹介します。

CSR報告書

当社では、2001年に「環境報告書」を初めて発行し、当社の環境保全の取組みについてご報告しました。
以降、「社会・環境報告書」へと名称を変え、CSR活動についての報告も追加するなどの更新を行いながら、継続して報告書の発行を行っており、2009年度版ではタイトルを「CSR報告書」としました。
さらに2012年度版からは当社の行動指針の7項目に従って構成しています。

国連グローバル・コンパクト

EIZOグループは、国連が提唱するグローバル・コンパクトに賛同し、これに参加しています。
国連グローバル・コンパクトとは、各企業が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取組みです。
国連グローバル・コンパクト参加企業は、人権の保護、不当な労働の排除、環境への対応、そして腐敗の防止に関わる企業の社会的責任(CSR)の基本原則10 項目に賛同する企業トップ自らのコミットメントのもとに、その実現に向けて努力を継続します。
当社も国連グローバル・コンパクトの10 原則および行動指針を実践しながら、グローバル社会における責任を果たし、企業価値の向上に努めています。

国連グローバル・コンパクト 10原則

原則‐1
企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する。
原則‐2
人権侵害に加担しない。
原則‐3
組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。
原則‐4
あらゆる形態の強制労働を排除する。
原則‐5
児童労働を実効的に廃止する。
原則‐6
雇用と職業に関する差別を撤廃する。
原則‐7
環境問題の予防的なアプローチを支持する。
原則‐8
環境に関して一層の責任を担うためのイニシアチブをとる。
原則‐9
環境にやさしい技術の開発と普及を促進する。
原則‐10
強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。