会社情報

トップメッセージ

EIZO株式会社は、創業以来一貫して映像に携わり、高品質・高機能の映像機器を開発・生産・販売してまいりました。

当社は、長年にわたりさまざまな専門的ニーズに応えることで、他社の追随を許さないビジネスモデルを構築・強化してまいりました。現在、当社はVisual Technology Companyとして、一般的なオフィスやご家庭のみならず、ヘルスケア、クリエイティブワーク、航空管制、監視、船舶、MIL規格対応、アミューズメントなど社会のあらゆるところに幅広くソリューションを提供しています。

そのビジネスモデルを引続き進化させ、「Visual Technology Company」としての価値創造を追求するべく、現在、2021年度を初年度とする第7次中期経営計画(3カ年計画)のもと、事業領域のさらなる拡大に向け取組んでおります。

本計画では、Product & Systemsで「映像」の価値を高めることを掲げています。独自アルゴリズムやAI等を要素として、モニター、カメラ、ネットワークエンコーダなどの各種製品を強化するとともに、これら製品群で構成する「撮影、記録、配信、表示」のImaging Chainを支えるシステム事業を「EIZO Visual Systems(EVS)」として展開します。これらにより、DXの加速を受け今後ますます重要性が高まる「映像」を、もっと便利なものに、そして価値あるものにしてまいります。

今度ともお客様、株主様、お取引先様、従業員、全てのステークホルダーとともに、映像を通じて豊かな未来社会の実現を目指し、企業としてのさらなる成長を目指してまいります。

 

EIZO株式会社
代表取締役社長
実盛 祥隆