ニュースリリース

世界的なIT機器規格「TCO Certified Displays」の最新版を世界で初めて取得

2015年11月12日

 

TCO7.0 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、11月11日発効の新規格「TCO Certified Displays 7」を世界で初めて取得しました。
 今回TCO Certified Displays 7の規格を取得した製品は、「FlexScan EV2750」、「FlexScan EV2455」、「FlexScan EV2450」の3製品です。また、今後発売する新製品の液晶モニターについても、同規格を取得する予定です。

 

TCOとは

 スウェーデンの雇用者連盟所有のTCO Development社が管轄し、オフィス機器の安全性、エルゴノミクス、電磁界放射、省エネルギー、環境(有害物質・リサイクル)に関する要求事項を盛りこんだ、IT製品の持続可能性に関する国際総合規格で、モニターにおける世界的な環境ラベルとして最も定着しています。当社は、1992年のTCO規格の発足時より、積極的に規格策定段階から参画しており、これまでのバージョンについても、対象となるほぼ全てのモニター製品について規格の取得を行ってきました。
 今回、当社3製品が取得したバージョン7では、水銀の完全使用禁止や紛争鉱物規制といった要求事項が新たに追加され、より取得が難しい規格となりました。

お問合せ

【お客様からのお問合せ】

EIZOコンタクトセンター
TEL:0570-200-557 FAX:076-275-4128

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 販売促進課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/