ニュースリリース

船舶に搭載する操舵室用の46型液晶モニターを開発

2015年4月2日

 

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、大型商船の操舵室向け46型カラー液晶モニター「DuraVision DV4624」をドイツのグループ会社EIZO Technologies GmbHにて開発しました。(発売時期・価格は未定。)

DuraVision_DV4624_press.jpg

 大型商船の操舵室では、電子航海図やレーダー情報、船舶の位置などさまざまな情報を複数の小型モニターに表示しています。DuraVision DV4624は、46型の大画面を有することで、これらの情報を集約して表示することができます。

 さらに、DuraVision DV4624は、船舶搭載用途として求められる耐熱、耐振、防塵・防滴(IP55準拠)性能を備えています。画質では、広視野角のパネルを採用し、角度による見え方の変化を最小限に抑えます。また、画面の明るさを700cd/m2から1cd/m2以下まで幅広く調整できるため、外光の変化に影響されにくく、高い視認性を得られます。

 当社は2012年より船舶市場向けに19型、21型、26型の専用モニターを展開してきました。今回46型を追加することで、製品ラインナップを拡充し、同市場への対応力の強化を図ります。また、今後も船舶向け製品を積極的に展開し、同市場における世界シェアの拡大を目指していきます。


 2015年5月21日(木)~23日(土)に愛媛県今治市にて開催される国際海事展「バリシップ2015」で当製品を展示します。【EIZOブース 小間No.B-49】

お問合せ

【お客様からのお問合せ】

EIZO株式会社 営業1部 コーポレートソリューション営業課
TEL:03-5715-2016 FAX:03-3458-7001

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 販売促進課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/