ニュースリリース

キャリブレーションセンサーを内蔵した2メガピクセル対応の電子カルテ画像表示モニターを発売

2013年3月4日

 

 

 RadiForce MX215株式会社ナナオ(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、電子カルテ画像表示モニター EIZO RadiForce MX215(21.3型カラー液晶モニター、オープン価格)を2013年4月22日に発売します。

  • 価格はオープン。オープン価格の製品は標準価格を定めていません。

 

 RadiForce MX215はモニターベゼルにキャリブレーションセンサーを内蔵しています。DICOM Part 14に対応した補正をモニター単体で簡単に行えるため、モニター品質管理業務の負荷軽減が見込めます。さらに、ユーザーの離着席を検知して、自動的にモニター電源のオン/オフを行う人感センサーも搭載。モニター非使用時に無駄に消費されていた電力を徹底削減します。


 2メガピクセルのモニターを使用する場合、医用画像参照のビューワはポートレート(縦表示)が好まれます。そのため、RadiForce MX215は、センサーやモニター前面のボタン(OSD)の位置などをポートレート使用に合わせて配置しています。

バックライトには、高効率のLEDを採用し、CCFLを採用した同サイズの液晶モニターと比較して標準消費電力を59%低減。製品使用時の電力使用量とコストを抑えます。また、視野角178度のIPS液晶パネルを採用しているので、複数人で画面を見る際も共通したイメージを共有できます。

当製品を、2013年4月12日(金)~14日(日)にパシフィコ横浜で開催される「2013 国際医用画像総合展 (ITEM 2013)」に出展します。

 

お問合せ

【お客様からのお問合せ】

株式会社ナナオ 営業1部 メディカル課
TEL:03-5715-2014 FAX:03-3458-7001

【報道関係各位のお問合せ】

株式会社ナナオ 企画部 販売促進課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/