• CG319X
    • 商品を比較する
  • 製品画像1
  • 製品画像2
  • 製品画像3
  • 製品画像4
  • 拡大
  • サムネイル1
  • サムネイル2
  • サムネイル3
製品名             HDR
<2018年5月23日新発売>
プロが唸る、
新・HDR対応4K登場
  • 今すぐ購入
  •  
  • 特長
  • スペック
  • ドキュメント 互換性情報
  • アクセサリ

HDR映像を正しく映し出す優れた表示性能
クリエイティブワークを支える基本性能
4K HDR映像制作を充実させる多彩な専用機能
使う人に優しく、サポートも充実

 

HDR映像を正しく映し出す優れた表示性能

 

「PQ方式」と「Hybrid Log Gamma方式」、両方のガンマに対応

配信・映画制作向けの「PQ方式」と放送向けの「Hybrid Log Gamma方式」、両方のHDR入出力特性(ガンマ)に対応しています。映画作品や放送番組など、HDRコンテンツの編集作業・カラーグレーディング作業に有効です。

  • 「PQ方式」は、HDRの国際標準規格であるITU-R BT.2100及びSMPTE ST2084に、「Hybrid Log Gamma方式」はITU-R BT.2100に準拠しています。
ColorEdge CG319X
SDR (Standard Dynamic Range)のイメージ
ColorEdge CG319X
HDR (High Dynamic Range)のイメージ

 

 

DCI-P3、Rec.2020を含む映像制作専用カラーモードを搭載

デジタルシネマ規格である「DCI」や、4K/8K放送の色基準となる「Rec.2020」など、国際規格で定められた色域・ガンマを再現する表示モードを標準搭載しています。カラーモードはモニター本体の前面ボタンから簡単に切替えて使用でき、ユーザーはプロジェクトの色基準に合わせて手間なく色管理を行えます。

ColorEdge CG319X
CG319Xの標準搭載カラーモード

 

 

用途に合わせたさまざまなガンマ設定が可能

HDR  PQ方式、Hybrid Log Gamma方式を含むさまざまな規格に対応したガンマ値を選択できます。また、専用ソフトウェア ColorNavigator 6/NXを使うことで、任意のカメラLogをガンマに設定できます。モニター単体でカメラLogの映像を確認できるため、撮影現場での運用に有効です。

また、ガンマに「HLG」を設定している場合、入力されたHLG信号に対応してシステムガンマ値1.0~1.5を選択できます。
標準搭載されているガンマ値は以下の通りです。設定値はモニター前面ボタンから簡単に切替えられます。

項目名 設定値
ガンマ 1.6~2.7、AdobeRGB、sRGB、EBU、REC709、REC1886、REC2020、SMPTE-C、DCI、PQ、HLG
HLGシステムガンマ 1.0~1.5

 

 

 

クリエイティブワークを支える基本性能

 

測定精度の高いキャリブレーションセンサーを内蔵

CG319Xは、測定精度の高いキャリブレーションセンサーをモニター筐体に内蔵。経年変化による表示のずれを正しく再調整します。また、付属の専用ソフトウェア ColorNavigator 6/NXを使って用途に合わせた最適な表示に調整できます。

  • 日本特許第4588044号、第5202654号
ColorEdge CG319X

 


カラーマネージメントソフトウェア


モニター管理ソフトウェア

ColorEdge CG319X

 

 

セルフキャリブレーション時も、事務作業が可能

従来はセルフキャリブレーション時、モニター画面が暗転しPC作業ができませんでしたが、CG319Xは作業画面を表示させたまま、再調整できるようになりました。これにより再調整中であっても、ユーザーは作業を中断せずメール確認などの事務作業を行えます。

  • 日本特許第4809453号
  • セルフキャリブレーション時、画面上部のカラーパッチと右下の調整中ウィンドウは表示されます。
ColorEdge CG319X

 

 

AIを活用することで常に安定した表示を実現

液晶モニターは、周囲の温度変化やモニター内部の温度変化の影響を受けて色や明るさが変動し、正しい表示を妨げることがあります。ColorEdgeシリーズは、モニター内部に温度センサーを搭載し、内部の温度変化をセンシングするとともに周囲の温度変化を推定しています。これにより、階調・色度・輝度などに対して適切な補正を行い、正確な表示品質を維持しています。

CG319Xは、この温度推定にAI(人工知能)を活用したアルゴリズムを採用しており、より高い精度で周囲の温度を推定し、安定した表示環境を提供します。

  • その技術について特許出願中
ColorEdge CG319X

 

 

DCI 4K/60p入力に対応

CG319Xは、HDMI端子、DisplayPort端子を各2系統搭載し、いずれもケーブル1本でDCI 4K(4096×2160)/60p入力に対応。4K/60pで撮影した映像を変換せずにプレビューできます。


ColorEdge CG319X

 

 

31.1型の大画面スペースに、DCI 4K解像度4096×2160

フルHDの4倍を超えるDCI規格に準拠した高解像度(4096×2160)で、4K映像はもちろん、フルHD解像度のコンテンツを複数並べて確認作業が行えます。また、149ppiの高画素密度で高画素デジタルデータの細部まで忠実に表示できます。




ColorEdge CG319X

デジタルシネマ規格「DCI-P3」カバー率98%の広色域表示

DCI-P3を98%カバーし、4K/8K放送の色基準となるRec.2020色域にも対応する広色域表示を実現。また、Adobe RGBも99%カバーしており、sRGB相当の一般的なモニターでは再現しきれない鮮やかな青空や新緑の色を忠実に再現できます。

ColorEdge CG319X

 

 

画面の隅々まで均一に表示

独自のデジタルユニフォミティ補正回路を搭載。輝度と色度が均一になるように画面全体をすべての階調で補正し、画面の隅々までムラの起こりにくい均一な表示を保ちます。

  • 日本特許第4490899号、第4542988号、第5618574号、第5651419号
  • 出荷時のDUE priorityは「輝度優先」に設定されています。画面全体の均一性を重視したい方は、「ユニフォミティ優先」に切替えてご使用ください。

ColorEdge CG319X

 

1500:1※1の高コントラスト比で、深い黒色を再現

DCI規格に準拠※2した高コントラスト比、1500:1を実現。 また、バックライトを常に点滅して画像表示する液晶モニターでは難しい、黒のディテールの再現力に優れています。 白浮きを抑えた引き締まった黒色表示は、暗所での使用に有効です。

※1 標準値(DUE Priority: Brightness選択時)。保証値ではありません。
※2 Review Rooms向け仕様

ColorEdge CG319X

 

電源を入れてからわずか3分で、すばやく表示を安定

モニターの電源を入れてからわずか3分で輝度、色度、階調特性が安定するように設計されています。撮影など外出先で使う場合でも、短時間のうちに安定した表示を実現し、常に高いパフォーマンスを発揮できます。

※当社測定条件による。

 

 

個別調整で実現する、滑らかな階調表現

工場で1台ごとにRGB各色すべての階調を調整しています。理想のガンマ値になるよう、最も適した値を24-bit LUTを使って選択し、表示階調に再割り当てしています。これにより、モニターごとにばらつきのない、極めて滑らかな階調を表現できます。

  • 日本特許第3976095号

 

 

さらに豊かな色再現ができる10-bit入力に対応

CG319X は、10-bit 入力に対応しています。従来の8-bit(約1677 万色)入力に比べて、さらに豊かな10-bit(約10 億色)の表示色の中から最適な色を選択して表示します。
ColorEdge CG319X

 

 

 

 

4K HDR映像制作を充実させる多彩な専用機能

 

PQクリッピング機能

PQクリッピング機能で設定した輝度よりも高い輝度をもつ領域をイエローまたはマゼンタで表示できるため、最終展開先に合わせたグレーディング作業に有効です。
クリップする輝度は、モニター前面ボタンより、300、500、1000、4000cd/m2から選択できます。

項目名 設定値
 PQクリッピング 300cd/m2、500cd/m2、1000cd/m2、4000cd/m2、オフ

 

ColorEdge CG319X
機能オフ
ColorEdge CG319X
機能オン(マゼンタ)

(イメージ)

 

Rec.709色域外警告機能

現行のフルハイビジョン放送の基準となるRec.709色域で再現できない色を、グレイ警告もしくは色域内に収まるよう変換して表示する機能を搭載。次世代のスーパーハイビジョン放送の基準となるRec.2020色域で撮影された映像を、現行のフルハイビジョンで放送する際に違和感なく表示できるかどうかの確認に有効です。

ColorEdge CG319X

フォーカス確認のためのズーム機能を搭載

表示した4K映像のフォーカスが正しくあたっているかを厳密に確認するために、画面の一部(左上・右上・左下・右下・中央の5か所)を拡大して表示できる機能を備えています。






ColorEdge CG319X

 

 

セーフエリアマーカー機能

オーバースキャン表示時、実際に放送される表示エリアを枠で表示します。字幕など必要な情報を画面内に適切に配置できているかの確認に有効です。

ColorEdge CG319X

アスペクトエリアマーカー機能

DCI 4K(4096×2160)、DCI 2K(2048×1080)解像度入力時、デジタルシネマの映像サイズを画面上にマーカー表示します。撮影プレビューの段階から、映画上映時の映像サイズや構図に問題がないか確認できます。

 

 

 

 

使う人に優しく、サポートも充実

 

作業に集中できるファンレス設計

CG319Xは換気用のファンを使わない内部設計を施しているため、静かな作業環境を提供します。




ColorEdge CG319X

耐震性を考慮した新スタンドを採用

地震など災害時の転倒リスクを考慮し、耐震性に優れた新スタンドを採用しています。また、昇降幅を149mmから154mmに増加させ、さらに使いやすく進化しました。

  • AV機器・情報通信機器についての製品安全規格「IEC/EN 62368-1」を取得予定

ColorEdge CG319X

 

 

ワンタッチで取付けできるマグネット式遮光フードを付属

組立不要、マグネット取付け方式で簡単に設置できる遮光フードを付属しています。モニターの上部、左右の側面を囲い込み、蛍光灯の映り込みなどの外光反射を効果的に防ぎます。

ColorEdge CG319X

 

 

安心の5年間保証

購入から5年間(ただし、使用時間30000時間以内)、修理に関する費用は無償です。日常使用への影響を極力少なくするために、保証期間の内外を問わず修理期間中は、貸出機を無償でお貸出しします。さらに輝度の保証も設けており、10000時間以内であれば、使用輝度に関わらず、色温度5000~6500Kの状態で120cd/m2以上を保証します。

  • ただし、保証期間外の貸出機の送料につきましては、お客様のご負担となります。


また、購入製品に輝点があった場合、ご購入から6か月以内であれば無償で液晶パネル交換を行う無輝点保証も対象です。

5年間保証

無輝点保証

 

 

HDRお役立ち情報

よくわかる、HDR徹底解説! よくわかる、HDR徹底解説!公開中

 

製品仕様書ダウンロード [PDF]

製品バリエーション CG319X
パネル  
種類 IPS(アンチグレア)
バックライト 広色域LED
サイズ 79 cm(31.1)型
推奨解像度 4096×2160(アスペクト比17:9)
表示領域(横×縦) 698.0×368.1 mm
画素ピッチ 0.170×0.170 mm
画素密度 149 ppi
表示階調 1024階調(約65000階調中)
表示色 約10億7374万色:10-bit対応(24-bit LUT)
視野角(水平/垂直、標準値) 178°/178°
輝度(標準値) 350 cd/m2
キャリブレーション推奨輝度 120 cd/m2以下
コントラスト比(標準値) 1500:1
HDRガンマ HLG方式、PQ方式
応答速度(標準値) 9 ms(中間階調域)
色域(標準値) Adobe RGBカバー率99%、DCI-P3カバー率98%
映像信号  
入力端子 DisplayPort×2(HDCP対応※8)、HDMI×2(HDCP対応、Deep Color対応)
デジタル走査周波数(水平/垂直) DisplayPort:25.0~137 kHz/23~61 Hz
HDMI:15~136 kHz/23~61 Hz
USB  
機能 モニターコントロール用×1、USBハブ×3(1系統はバッテリーチャージに対応)
規格 USB 3.0(5 Gbps)
音声  
スピーカー
電源  
電源入力 AC 100 V、50/60 Hz
最大消費電力 140 W
標準消費電力 52 W
節電時消費電力 1.2 W以下(USB非接続時)
待機時消費電力 1.2 W以下(USB非接続時)
内蔵キャリブレーションセンサー
自動再調整
主な機能  
調光機能(輝度ドリフト補正、輝度自動制御)
デジタルユニフォミティ補正
表示モード カラーモード(REC2020、REC709、DCI、PQ_DCI、PQ_REC2100、HLG_REC2100、Adobe RGB、sRGB、Calibration(CAL))
Auto EcoView
その他 HDMI設定(ノイズリダクション、フィルム検出、セーフエリア、セーフエリアサイズ、ボーダーカラー)、I/P変換、入力スキップ、モードスキップ、3D-LUT、ズーム、Rec.709色域外警告
機構  
外観寸法(横表示・幅×高さ×奥行) 735×434~588×290 mm
外観寸法(モニター部・幅×高さ×奥行) 735×423×71.5 mm
外観寸法(横表示・フード装着時・幅×高さ×奥行) 754.4×443.6~597.6×381.5 mm
質量 約12.4 kg
質量(モニター部) 約8.3 kg
質量(フード装着時) 約13.3 kg
昇降 154 mm
チルト 上35°/下5°
スウィーベル 344°
縦回転
取付穴ピッチ(VESA規格) 100×100 mm
動作環境条件  
温度 横表示:0~35 ℃
縦表示:0~30 ℃
湿度(R.H.,結露なきこと) 20~80 %
適合規格(最新の適合状況についてはお問合せください。) CB、CE、TUV/GS、cTUVus、FCC-B、CAN ICES-3(B)、TUV/S、PSE、VCCI-B、RCM、RoHS、TUV/Ergonomics、TUV/Color Accuracy (Quick Stability)、PCグリーンラベル(★★☆ V13)、J-Mossグリーンマーク※3、WEEE、EAC
専用ソフトウェア  
カラーマネージメントソフトウェア ColorNavigator 6 対応
モニター管理ソフトウェア ColorNavigator NX 対応
主な付属品  
映像信号ケーブル DisplayPort(2 m)、Mini DisplayPort~DisplayPort(2 m)、HDMI(2 m)
その他 2芯アダプタ付電源コード(2 m)、USBケーブル(2 m)、調整データシート、保証書付きセットアップガイド、ScreenCleaner、遮光フード
保証期間 お買い上げの日から5年間※5
無輝点保証はお買い上げの日から6か月間
寸法図 PDF
  1. ※1  液晶パネルは非常に精密度の高い技術で作られていますが、画素欠けや常時点灯する画素が見える場合がありますのであらかじめご了承ください。また、有効ドット数の割合は99.9994%以上です。
  2. ※2  表示状態を長時間続けると、表示面に黒いシミやムラ、焼き付きが発生する場合がありますのでご注意ください。モニターを長くお使いいただくため、定期的にモニターの電源をオフにすることをおすすめします。
  3. ※3  当社のJ-Mossグリーンマーク製品の詳細情報は、http://www.eizo.co.jp/company/csr_environment/product/label/jmoss/ をご覧ください。
  4. ※5  使用時間30000時間以内に限ります。詳細は製品保証についてをご覧ください。

製品仕様書

CG319X

ダウンロード

 

取扱説明書

ファイル名 ファイルサイズ ダウンロード
CG319X セットアップガイド 4.32 MB ダウンロード
CG319X 取扱説明書 9.07 MB ダウンロード
CG319X 対応解像度一覧 494 KB ダウンロード
カラーマネージメントツール
Z-80PRO2-EIZO

山田照明(株)と共同開発。5000Kの高演色LEDを装備した先進のスタンド。カラーマッチングに適した環境構築をサポート。

\30,240(税込)

今すぐ購入

モニタークリーニングキット
ScreenCleaner

モニター表示面のためのクリーニングキット

今すぐ購入

ケーブル
PP200

・DisplayPortモニターケーブル
・長さ2.0m

今すぐ購入

ケーブル
PM200

・Mini DisplayPort/
 DisplayPortモニターケーブル
・長さ2.0m

今すぐ購入

ピックアップ

  • ColorEdge 写真家100名、唯一の選択
  • Cool Japanを支える、EIZO 導入企業様一覧
  • 雑誌掲載記事
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • 壁紙データ
  • 開催イベントのあゆみ
  • CG制作者のためのカラーマネージメント講座
  • プロフォトグラファーのための情報サイト
  • ColorEdge受賞
prev next