• ColorNavigator NX

主な特長

映像制作市場など、制作者の PCにモニター調整用ソフトウェアをインストールしない/できない環境での運用にも適した管理者向けソフトウェアです。※1
ColorNavigator NXをインストールした1台の調整用のPCで、複数台のモニターに調整情報を保存できます。調整結果は各モニターのカラーモードに割り当てられるため、以後はモニター前面のMODEボタン/スイッチで簡単に切替えて表示できます。

ColorNavigator NX

  • 写真、印刷などのクリエイティブ作業に ColorEdgeを使用する場合は、ColorNavigator 6を推奨します。

ColorNavigator NXを立ち上げなくても表示を切替えできる

※1 ネットワーク経由で複数台のColorEdgeを一括管理する「ColorNavigator Network」を運用するためのクライアントソフトウェアでもあります。その場合は、制作者の各PCにColorNavigator NXのインストールが必要となります。
 

モニターに直接調整情報を保存

調整後は、ColorNavigator NXをインストールしていない別のPCを接続しても結果を保持できます。制作者は作業内容に合わせて、あらかじめ管理者が設定したモードをモニター前面のMODEボタン/スイッチを押して表示切替えしながら作業できます。

モニターに直接調整情報を保存

カラーモードの編集・再調整

プリセットカラーモードの設定変更、キャリブレーションができる

プリセットされたカラーモード(sRGBやREC709などのStandard Mode)の設定をソフトウェア上で簡単に設定変更できます。また変更した設定に合わせ、キャリブレーションすることができます。

モニターに直接調整情報を保存

設定変更後、「高度な機能」ボタンから「StandardModeキャリブレーション」の「キャリブレーション」を選択し、キャリブレーションします。


プリセットされたカラーモードは、目標値を数値で詳細に指定できるCalibrationモードに、タイプ変更することもできます。映画タイトルやプロジェクトごとに目標値を設け、それぞれを調整、その結果をモニターに保存できます。
 

プリセットされたカラーモードは、目標値を数値で詳細に指定できるCalibrationモードに、タイプ変更することもできます。

数値を指定後、「調整」ボタンからキャリブレーションします。

 

内蔵のセンサーで自動再調整できる

設定した値は「SelfCalibration/SelfCorrection」を有効にすることで、内蔵のセンサーが定期的に自動で再調整を行い、手間なく常に正しい表示を保つことができます。

モニターに直接調整情報を保存

設定のインポート/エクスポート

設定したモニターのカラーモードや各種設定を、インポート/エクスポートできるため、複数台のモニターのセットアップも簡単です。

  • 異なる機種へのインポートはできません。

モニターに直接調整情報を保存

 

カラーモードの名称変更/無効化

モニターに直接調整情報を保存

プロジェクトごとに管理者・作業者が運用しやすいように、カラーモードの名称をColorNavigator NXで自由に変更でき、モニター前面のMODEボタン/スイッチでカラーモードを選択する際に表示される名称に反映されます。
また、使わないモードを無効化しておくと、制作者がカラーモードを選択する際に、グレイアウトするように設定できます。

使用者がモニター前面の操作ボタン/スイッチでカラーモードを変更しないように運用したい場合は、キーロックすることもできます。

モニターに直接調整情報を保存

フィルムエミュレーション

映像フィルムの特性ファイルである3D-LUTもエミュレーション(擬似再現)する機能を備えています。
各カラーモードにエミュレーションLUTを割り当てできます。

フィルムエミュレーション

資産情報の登録

ColorNavigator NXの「資産情報」に文字入力することで、モニター内部にそれを保存でき、資産管理状況の把握に便利です。

モニターに直接調整情報を保存


機種ごとに対応している機能が異なります。詳細は対応表をご参照ください。

 

CG277レビュー記事の中で、ColorNavigator NXが紹介されています。

動作条件

対応OS Mac Windows Linux※1
macOS Sierra(10.12)/
OS X El Capitan(10.11)/
OS X Yosemite(10.10)/
OS X Mavericks(10.9)/
Mountain Lion(10.8)/
Mac OS X 10.7.5
Windows 10(32-bit、64-bit)/
Windows 8.1(32-bit、64-bit)/
Windows 8(32-bit、64-bit)/
Windows 7(32-bit、64-bit)
Red Hat Enterprise Linux Workstation 6
対応機種 ColorEdge CGシリーズ(内蔵センサー搭載モデルに限る)
CXシリーズ(ハイフンなしモデル※2を除く)
  • ColorNavigator 6との併用ができません。

※1 Linux版をご希望の際は、営業1部 コーポレートソリューション営業課 TEL:03-5764-3401 までお問合せください。
※2 ハイフンなしモデルでColorNavigator NXを使用するためには、別途ライセンスパックのご購入が必要です。

対応センサー

メーカー 対応センサー名 注意事項
X-Rite i1 Monitor、i1 Pro、i1 Pro 2
i1 Display 3、i1 Display Pro
ColorMunki PHOTO、ColorMunki DESIGN ColorMunki Display、ColorMunki Smileは非対応です。
Linuxは非対応です。
Datacolor Spyder3、Spyder4、Spyder5 Linuxは非対応です。
EIZO EX1、EX2、EX3
内蔵キャリブレーションセンサー
basICColor DISCUS Linuxは非対応です。
Klein K-10
Photo Research PR-655、PR-680
コニカミノルタ CS-1000、CS-1000A ドライバは同梱されません。
CS-2000、CS-2000A、CS-200、CA-210、CA-310 Mac OS X、Linuxは非対応です。
ドライバは同梱されません。
Colorimetry
Research
CR-100、CR-250 ドライバは同梱されません。

ソフトウェアダウンロード

btn_download.gif

ピックアップ

  • ColorEdge 写真家100名、唯一の選択
  • Cool Japanを支える、EIZO 導入企業様一覧
  • 雑誌掲載記事
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • 壁紙データ
  • 開催イベントのあゆみ
  • CG制作者のためのカラーマネージメント講座
  • プロフォトグラファーのための情報サイト
  • ColorEdge受賞
prev next