• ColorNavigator 6

 

  ColorNavigator
 ColorNavigator 6
対応モニター(現行機種で記載) ColorEdge CGシリーズ ColorEdge CXシリーズ
(一部機種を除く※1
ColorEdge CSシリーズ
(一部機種を除く※1
ユーザー デジタルフォト
デザイン・印刷
CGアニメーション・映像制作
デジタルフォト
デザイン
CGアニメーション
デジタルフォト
デザイン
用途 モニターキャリブレーション、プリントとのカラーマッチング
基本機能
キャリブレーション センサーによるキャリブレーション
目標値指定 白色点
輝度
ガンマ
黒レベル
色域 ○(CS230を除く)
カラーマッチング 目視での手動調整
外付けセンサーを使った紙白測定
保存できる目標数 制限なし
複数台使用の場合の個別のモニター調整
メインウィンドウを開かずに表示を簡単切替できる常駐機能
表示管理機能
対応モニター(現行機種で記載) ColorEdge CGシリーズ ColorEdge CXシリーズ
(一部機種を除く※1
ColorEdge CSシリーズ
(一部機種を除く※1
内蔵センサーによる自動再調整
(内蔵センサー搭載モデルのみ)
×(CS230は対応)
自動再調整のスケジュール設定
(内蔵センサー搭載モデルのみ)
詳細スケジュール設定が可能 使用時間のみ ×(CS230は使用時間のみ設定できる)
内蔵センサーによる自動再調整の対象目標数
(内蔵センサー搭載モデルのみ)
4つまで ×(CS230は4つまで)
モニターの表示状態の検証 ◎(CMYK、RGB検証) ○(RGB検証のみ対応)
応用機能
調整目標のインポート/エクスポート機能
他のプロファイルを目標にモニターを調整
センサー補正機能
他の表示デバイスの擬似再現(デバイスエミュレーション) ※2 ×
あらゆるプロファイルをエミュレーション ※2 ×
内蔵センサーを外付けセンサーの特性に揃える(コレレーション) ×

※1 CXシリーズ、CSシリーズのハイフンなしモデル(ColorNavigator Elements付属モデル)では、ColorNavigator 6を使用するために、別途ライセンスパックのご購入が必要です。
※2 CG2420を除く

主な特長

独自開発のカラーマネージメントソフトウェア

ColorEdgeシリーズは、高い性能を常に発揮し、デバイス間のカラーマネージメントを確実なものにするために、EIZOが独自で開発した専用カラーマネージメントソフトウェア「ColorNavigator 6」を用意しています。キャリブレーションセンサーを使ってパソコンの出力信号を触らずに、直接モニターの表示を調整する「ハードウェア・キャリブレーション」を行い、階調を犠牲にすることなく、ColorEdgeの性能を活かした精度の高い調整が可能です。

基本機能

基本機能 表示管理機能  

基本機能

ColorNavigator 6では、以下のような操作を行えます。

モニターの輝度・白色点・ガンマをキャリブレーションし、プロファイルを作成

プリセットされた目標値を使う
用途に合わせて使い分けられる調整目標を3つご用意。
適した目標値があらかじめ設定されているので、キャリブレーションは、リストから調整目標を選択し、調整ボタンをクリックするだけの簡単操作です。

プリセットされた目標値でキャリブレーション

 

目標値を詳細に設定する
輝度、白色点、ガンマなどの目標値を詳細に数値で設定してキャリブレーションすることもできます。調整済みの目標は、用途に合わせて、複数リストに管理できます。

目標値を手動で設定してキャリブレーション 複数管理リスト


グレイバランスとコントラストのバランスのとれたキャリブレーションが可能
目標値を詳細に設定する場合、調整方法を「グレイバランス重視」、「標準」、「コントラスト重視」の3つから選択できます。デフォルトの「標準」では、グレイバランスを重視したキャリブレーションを行いながら低階調時はコントラスト比を維持する、バランスをとった調整を行います。これによりターゲット値に近い表示色に調整しています。

  • グレイバランス重視: 中間調のグレイの色度を白色点と同じになるように調整します。
  • 標準: コントラストを維持しつつグレイバランスを調整します。
  • コントラスト重視: コントラストが最も高くなるように調整します。
  • 本機能を実施できないセンサーがあります。こちらでご確認ください。
     

調整方法を「グレイバランス重視」、「標準」、「コントラスト重視」の3つから選択できます

グレイバランスを重視したキャリブレーション実施後   グレイバランスを重視しないキャリブレーション実施後
グレイバランス重視(イメージ)   コントラスト重視(イメージ)

キャリブレーション後の手動調整でカラーマッチング精度アップ

モニターのキャリブレーションにより生成されたプロファイルを使ったにもかかわらず、印刷機やプリンタのプロファイルの精度の低さや使用する紙色の違いなどによって、印刷物との色あわせに満足できない場合があります。そこでColorNavigator 6ではキャリブレーション後の調整済み目標に微調整を加えられる機能を搭載し、対象印刷物の色に合わせて、モニターの白色点・輝度・色合いなどの微細な調整を行い、カラーマッチングの精度アップを図れます。微調整にも便利なテストパターンを搭載しているので、そちらを参照しながら調整することも可能です。

手動調整画面

黒スケールエリア、グレースケールエリア、白スケールエリア、ガンマエリアに分かれており、それぞれビデオレベルや階調調整の状態、現在のガンマ値などをチェックすることができます。

テストパターンでは、黒スケールエリア、グレースケールエリア、白スケールエリア、ガンマエリアに分かれており、階調調整の状態、現在のガンマ値などをチェックすることができます。

印刷用紙の白色や環境光を考慮したキャリブレーションが可能

印刷に使用する用紙の白色を、外付けのキャリブレーションセンサーで測定し、その結果を目標としてモニターを調整する紙白測定機能も利用できます。

  • モニターに内蔵のキャリブレーションセンサーでは、紙白測定できません。紙白測定を行う場合は、別途外付けのキャリブレーションセンサーをご用意ください。

印刷用紙の白色点や環境光を考慮したキャリブレーションが可能

手順に従って、実際に出力する紙の紙白を測定。

複数の調整結果を簡単に切替え表示

ColorNavigator 6を立ち上げていない場合でも、常駐機能を利用して調整済み目標をリスト表示でき、簡単に都度適したものを適応可能です。

右クリック、またはControlキー+クリックで表示!

また、再キャリブレーション時期をお知らせするタイマー機能を設定している場合にはモニター使用時間が設定時間を越えると、アイコンが、青色から赤色に変わってお知らせします。

青色から赤色に変わってお知らせ
 

表示管理機能

内蔵センサーによる自動再調整をスケジュール管理

液晶モニターは使い続けると、経年変化するため、元の正しい色味に戻す再調整作業が定期的に必要になります。

経時変化

センサーを内蔵した最新のColorEdge では、自動で再調整するように設定することができます。設定したタイミングに合わせ、作業者不在時やPC電源オフ時も自動でキャリブレーション目標値に 沿って再調整(セルフキャリブレーション/セルフコレクション)を実施します。

セルフキャリブレーションをスケジュール管理

  • セルフコレクションは経過使用時間でのみ指定。

セルフキャリブレーション/セルフコレクション対象を4つまで選択可能

セルフキャリブレーション/セルフコレクションを行う対象をColorNavigator上で簡単に4つまで選択可能です。

セルフキャリブレーション/セルフコレクション対象を4つまで選択可能

  • Mac: コントロールキーを押しながらクリックで表示→SelfCalibration / SelfCorrection目標に設定
  • Win: 右クリックで表示→SelfCalibration / SelfCorrection目標に設定

モニターの表示状態を検証

作成したモニタープロファイルの精度を検証できます。現在の表示状態を測定し、プロファイルから計算された理想値とのズレを確認できます。また検証結果をレポートとして出力可能です。RGBタイプ、CMYKタイプの検証目標を用意しています。

モニターの表示状態を検証

  • CXシリーズ、CSシリーズでは、RGBタイプのみ対応です。

応用機能

全機種対応の応用機能 CGシリーズのみ対応の応用機能  

全機種対応の応用機能

調整目標のインポート/エクスポート機能

作成した調整目標はインポート、エクスポートすることができ、複数のColorEdgeをお使いの場合に、同じ目標値を共有できます。

エクスポート、インポート

「高度な機能」ボタンから、「目標のインポート」、「目標のエクスポート」を選択。

「高度な機能」ボタンから、「目標のインポート」、「目標のエクスポート」を選択。

他のプロファイルを目標にモニターを調整

sRGBプロファイルや他のモニターのプロファイルなどを読み込み、そのプロファイルを目標値としたキャリブレーションが行えます。モニターの状態を特定のプロファイルに合わせたい場合に有効です。

  • RGBプロファイルのみ対応。

他のプロファイルを目標にモニターを調整
 

独自のセンサー補正

ColorNavigator 6では、調整を行う液晶モニター、使用するセンサーを指定してからキャリブレーションを行います。液晶モニター、測定器ごとに補正値を設け、それぞれの特性を考慮した正確なキャリブレーションを行っているためです。また、補正方法についても、一般的なカラーマネージメントを重視した設定(推奨設定)、モニター同士のマッチングを重視した設定など、用途に応じた最適な設定が可能です。

独自の測定器補正 用途に応じて選択
 

CGシリーズのみ対応の応用機能

デバイスエミュレーション機能 【CGシリーズのみ対応】

リファレンスモニターやタブレット端末などの色特性を測定してColorEdge上に擬似再現(エミュレーション)する機能で、ColorEdge CGシリーズのみ対応しています。色基準としたい表示デバイスがある場合の制作色確認に有効な機能です。スマートフォン・携帯ゲーム端末・CRTモニターなどWebブラウザを表示できるさまざまなデバイスにも活用できます。

 

  • 対象デバイスのWebブラウザに測定パッチを表示しColorNavigator 6で自動で測定する技術は、日本特許第5651702号の技術です。

「高度な機能」ボタンから「タブレット/表示装置のICCプロファイル作成」を選択。

「高度な機能」ボタンから「タブレット/表示装置のICCプロファイル作成」を選択。

デバイスの測定準備をします。

TV測定の様子

ColorNavigator 6と外付けのセンサーを使用して、対象デバイスのWebブラウザに測定パッチを表示。プロファイルを作成し、ColorEdge上にエミュレーション表示します。デバイスの測定に使用できるセンサーはi1Monitor、i1 Pro、i1 Pro 2、ColorMunkiのみです。

 

「デバイスエミュレーション機能」の導入をサポートする有償サービスもご用意しております。

  • CG2420、CG210、CG211、CG220、CG221、CG241W、CG301W、CG303Wではご使用になれません。

 

あらゆるプロファイルをエミュレーション 【CGシリーズのみ対応】

プリンタ・用紙・他のモニターなどさまざまなデバイスのプロファイルをColorEdgeに適用し、エミュレーション(擬似再現)できる、CGシリーズのみ対応の機能です。作成されたエミュレーション結果は、目標値の下にカラム表示され1クリックで簡単に切替えできます。
また映画フィルムの特性ファイルである3D-LUTファイルもエミュレーションできます。映像制作などのプロフェッショナルワークで、各基準に沿った表示が可能です。

エミュレーションするプロファイルを選択。

エミュレーションするプロファイルを選択。

エミュレーション結果がカラム表宇される

エミュレーション結果がカラム表示される

  • CG2420、CG210、CG211、CG220、CG221、CG241W、CG301W、CG303Wではご使用になれません。

     

他のセンサーとのコレレーションを実施 【CGシリーズのみ対応】

CGシリーズは基準としたい他の外付けセンサーの測定結果にモニターに内蔵されたキャリブレーションセンサーの測定結果を合わせること(コレレーション)ができます。これにより内蔵されたセンサーを使用しながら、他の外付けセンサーを基準にしたモニターの管理が可能です。

高度な機能から「センサーコレレーション」を選択。

高度な機能から「センサーコレレーション」を選択。

コレレーション中動作。

コレレーション中動作。

動作条件

ColorNavigator 6が動作する条件は下記のとおりです。

対応OS Macintosh Windows
Mac OS X 10.7.5 /
OS X Mountain Lion (10.8) /
OS X Mavericks (10.9) /
OS X Yosemite (10.10) /
OS X El Capitan (10.11)
Windows 10 (32-bit、64-bit)/
Windows 8.1 (32-bit、64-bit)/
Windows 7 (32-bit、64-bit)
モニター ColorEdgeシリーズ(CG18/CG19/CG21/CE210W/CE240Wを除く)
OSのシステム要件を満たすPC
条件
  • USBポート (PCには2ポート以上の空きが必要)
  • 色数 1670万色以上
  • 解像度 1024×768以上 (推奨)
  • CXシリーズ、CSシリーズのハイフンなしモデル(ColorNavigator Elements付属モデル)では、ColorNavigator 6を使用するために、別途ライセンスパックのご購入が必要です。
  • Mac OS X 10.3.9~10.6.8、Windows XP/Vistaをお使いの場合は、最新のColorNavigator 6が対応していませんので、旧バージョン(ColorNavigator Ver.5.4/ Ver.6.4.7)をお使いください。
  • お使いのColorEdgeによって、対応しているColorNavigatorのバージョンとOSが異なります。下記のバージョン一覧表でご確認ください。
ColorEdge製品の対応OS一覧表(ColorNavigatorのバージョンを含む)

対応センサー

ColorNavigator 6を使ったキャリブレーションを行うには、以下のキャリブレーションセンサーをご用意いただく必要があります。

メーカー 対応センサー名 注意事項
X-Rite i1 Monitor、i1 Pro、i1 Pro 2
i1 Display、i1 Display 2、i1 Display 3、i1 Display Pro
i1Monitor、i1Display (ColorEdge CX1)は環境光測定ができません。
ColorMunki PHOTO、ColorMunki DESIGN ColorMunki Display、ColorMunki Smileは非対応です。
Datacolor Spyder3、Spyder4、Spyder5 環境光測定はできません。またグレイバランスを調整できません。
EIZO EX1、EX2、EX3
内蔵キャリブレーションセンサー 環境光、紙白など目標とする対象を測定してキャリブレーションできません。
basICColor DISCUS  
Klein K-10 環境光、紙白など目標とする対象を測定してキャリブレーションできません。
Photo Research PR-655、PR-680 環境光、紙白など目標とする対象を測定してキャリブレーションできません。
コニカミノルタ CS-1000、CS-1000A 環境光、紙白など目標とする対象を測定してキャリブレーションできません。
ドライバは同梱されません。
CS-2000、CS-2000A、CS-200、CA-210、CA-310 環境光、紙白など目標とする対象を測定してキャリブレーションできません。
Mac OS Xは非対応です。
ドライバは同梱されません。
Colorimetry Research CR-100、CR-250 環境光測定はできません。ドライバは同梱されません。
  • お使いのOSとColorNavigatorのバージョンによって、対応しているセンサーが異なります。下記の各センサーの対応OS一覧表でご確認ください。
各センサーの対応OS一覧表(ColorNavigatorのバージョンを含む)

ソフトウェアダウンロード

ColorNavigator 6の最新バージョンをダウンロードいただけます。
対応機種、対応OSをご確認のうえご使用ください。

btn_download.gif

使い方ガイド

ColorNavigator 6 使い方ガイド

ColorNavigator 6の基本的な使い方を手順を追ってご紹介冊子をご用意しています。

ColorNavigator 6 初めてでも分かりやすい使い方ガイド [PDF]

モニター画面と写真プリントの色合わせ手順

写真プリントとモニター画面のカラーマッチングを行うために、
ColorNavigator 6の使い方はもちろん、レタッチソフト、プリンタの設定なども
詳しくWebで学習できるコンテンツもご用意しています。

ColorEdgeを使ったモニター画面とプリントのカラーマッチング手順

カラーマネージメントツール(アクセサリ)

カラーマネージメント環境構築をサポートするアクセサリをご用意しています。

遮光フード


遮光フード


外光反射を効果的に遮り、正しい表示で閲覧できます。

  • ColorEdge CGシリーズには標準付属されます。

蛍光灯スタンド Z-208-EIZO


Z-208-EIZO
蛍光灯スタンド


5,000Kの高演色蛍光管が入ったEIZOオリジナル品。
プリントとモニター画面のカラーマッチングに有用です。

LEDスタンド Z-80pro-EIZO


Z-80pro-EIZO
LEDスタンド


5,000Kの高演色LEDを装備した先進のスタンド。
カラーマッチングに適した環境構築をサポート。

 

ピックアップ

  • ColorEdge 写真家75名、唯一の選択
  • Cool Japanを支える、EIZO 導入企業様一覧
  • 雑誌掲載記事
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • 壁紙データ
  • 開催イベントのあゆみ
  • CG制作者のためのカラーマネージメント講座
  • プロフォトグラファーのための情報サイト
  • ColorEdge受賞
prev next