会社概要

沿革

 

1967年 12月 石川県七尾市に七尾電機株式会社設立
1968年 3月 石川県羽咋市に株式会社ナナオ(現 EIZO株式会社)の前身である羽咋電機株式会社を設立、創業
1973年 3月 株式会社ナナオに商号変更。
電子機器製造を行っていた七尾電機株式会社の事業の一部を移管し、電子機器の開発、生産、販売を開始
1978年 4月 テレビゲーム機(テーブル型)を開発、生産し販売を開始
1979年 5月 七尾電機株式会社 (石川県七尾市) の株式を取得し、子会社化
1980年 2月 家庭用および業務用ゲームソフトの制作、販売等を行っていたアイレム株式会社の株式を取得し、子会社化
1981年 4月 石川県松任市 (現 白山市) に工場を建設、操業開始
1984年 1月 電子回路基板製造を行っていた和光電子株式会社 (石川県羽咋市) の株式を取得し、子会社化
9月 欧州向け販売子会社としてハイテクアソシエーツ株式会社 (石川県金沢市) を設立 (1990年1月エイゾー株式会社に商号変更)
1985年 5月 コンピュータ用CRTモニターを開発、生産し、自社ブランド「EIZO」にて欧州向けに販売開始
9月 米国にNanao USA Corporationを設立 (現EIZO Inc.)、コンピュータ用CRTモニターを自社ブランド「NANAO」にて北米向けに販売開始
1990年 11月 本社を石川県松任市 (現 白山市) 下柏野町153番地に移転
1991年
7月 コンピュータ用CRTモニターを自社ブランド「NANAO」にて日本国内向けに販売開始
1992年 9月 スウェーデンにEizo Sweden AB (現EIZO Nordic AB) を設立
遊技場用液晶モニターを開発、生産し販売を開始
1996年 4月 自社ブランド「EIZO」、「NANAO」を「EIZO」に統一
1997年 3月 コンピュータ用液晶モニターを開発、生産し販売を開始
4月 石川県松任市 (現 白山市) にアイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社を設立
6月 アイレム株式会社の開発部門をアイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社に譲渡し、アイレム株式会社を売却
1998年 2月 石川県松任市 (現 白山市) にエイゾーサポートネットワーク株式会社(現EIZOサポートネットワーク株式会社)を設立。
1999年 4月 エイゾー株式会社を吸収合併
2002年 3月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2003年 3月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場
2004年 4月 七尾電機株式会社が和光電子株式会社を吸収合併。エイゾーナナオエムエス株式会社(現EIZOエムエス株式会社)に商号変更し、本店所在地を石川県羽咋市に変更
2005年 2月 石川県白山市に株式会社エイゾーテクノキャリア (現EIZOエンジニアリング株式会社)を設立
7月 EXCOM.AG (スイス) の当社製品販売事業を株式取得により子会社化し、EIZO NANAO AG(現EIZO AG)に商号変更
2007年 2月 グラフィックスボードの製造、開発を行っているTech Source Inc. (アメリカ、現EIZO Rugged Solutions Inc.) の株式を取得し、子会社化
10月 Siemens AG (ドイツ) の医療市場向けモニター事業をEIZO GmbH(同年6月設立)が事業譲受
2009年 2月 eg-electronic GmbH (ドイツ) のモニター及びモニターコントローラーボード事業をEIZO Technologies GmbH(2008年11月設立)が譲受
2010年 3月 中国にEizo Display Technologies (Suzhou) Co. Ltd.を設立し、10月より液晶モニターの製造を開始(2011年1月から出荷)
2011年 8月 ドイツにEIZO Europe GmbHを、イギリスにEIZO Limitedを設立。欧州における当社販売代理店であったAVNET社(米)との契約を解消し、欧州における直接販売を構築。EIZO Limitedは2012年1月から、EIZO Europe GmbHは同7月から営業開始。
2013年 4月 EIZO株式会社に商号変更
2015年 10月 EIZOメディカルソリューションズ株式会社を設立し、イメーション株式会社 の医療市場向けシステムインテグレーション事業を譲受
2016年 7月 パナソニック ヘルスケア株式会社の手術・内視鏡用モニター事業を譲受