基礎知識

パソコン画面と疲れ目の最新事情

パソコンで疲れ目はなぜ起こる?

パソコンを使うと目が疲れる。当然、近い距離で長時間画面を見つめるわけですから、その疲労度はテレビ視聴などよりも大きくなります。では、何とか疲れを和らげる方法はないのでしょうか?
EIZOでは、快適なパソコンライフのための「目に優しい理想のモニター」を追及するため、疲れ目の原因を検証してみました。

  • 検証1 LEDバックライト
  • 検証2 明るい画面
  • 検証3 ブルーライト

LEDバックライトは目が疲れる?

LEDバックライトの表示デバイスが普及してから、ちらつきによる眼の疲れを訴える人が増えてきました。まれに、光の高速点滅を、ちらつきとして認識できる人がいるためです。もちろん、ちらつきを認識できない多数の人たちも、知らない間にちらつきの影響を受けているかもしれません。

そもそも、何故ちらつく?

調光(明るさの制御)方法は、大きく分けて「PWM調光」と「DC調光」の2方式があります。

【PWM調光】と【DC調光】の特徴

なお、LEDモニターではPWM調光がよく使われます。設計が容易で、大量生産にも向いているためです。

PWM調光の「ちらつき」とは?
PWM調光:明るい
PWM調光:やや明るい
PWM調光:やや暗い
PWM調光:暗い
画面が暗いほど「ちらつき」が気になる

本当に、ちらつきで目が疲れる?

実際に調光方式によってどのように感じるかを実験してみました。

出典:北里大学医療衛生学部(n=10)

ちらつきを感じたかどうか?

DC調光はチラツキが少ない!

自覚的疲労度は?

DC調光は疲労が少ない!

その他、見やすさ等は?

DC調光が全体的に見やすいと感じる!
【DC調光】ちらつかない、疲れにくい!

ちなみにEIZOでは…

PWMとDCの良いところを組み合わせたハイブリッド型のEyeCare調光を開発。一部機種に搭載を行っています。

【EyeCare調光】の特徴

技術資料:EyeCare調光方式について

明るい画面は目が疲れる?

パッと見の印象だと、明るい画面は綺麗で見やすく感じます。しかし、明るすぎる画面は疲れ目の大きな要因になると考えられます。だからといって暗すぎる表示だと、可読性が損なわれ、逆に目の負担が増えてしまいます。
EIZOでは、適切な画面輝度に調整を行う自動調光機能(Auto EcoView)の効果について実験を行いました。

出典:北里大学医療衛生学部(n=10)

目の疲れを感じたかどうか?

【輝度調節ON】と【輝度調節OFF】比較
Auto EcoView機能がONの場合、疲労を感じにくい!

自覚的疲労度および見やすさは?

【どちらが楽に感じるか?】と【どちらが集中しやすいか?】比較
Auto EcoView機能がONの場合、疲労を感じにくい!
最適な輝度設定で疲れ目が抑制

ちなみにEIZOでは…

特定用途向けを除く、一般的なPC用液晶モニターのほぼ全機種に自動調光機能Auto EcoViewを搭載。
常にまぶしすぎず暗すぎない、最適な画面輝度に自動調整を行い、長時間のPC作業による目の疲れを緩和します。

技術資料:モニターを使った作業(VDT作業)と疲労度合いについて[PDF]

パソコン作業と疲れ目の気になる関係

話題のブルーライトは目が疲れる?

ブルーライトの疲れ目への影響について、話題にのぼることが多くなりました。まずは、そのブルーライトとは何かを改めて整理してみます。

紫外線~可視光線(ブルーライト含)~赤外線

ブルーライトは、人の目で知覚できる可視光線に含まれます。その中でも紫外線に近い波長を持っているのが特徴です。

紫外線(UVA含)~可視光線(ブルーライト含)

地表に届く紫外線の99%は、波長315~400nmのUVAです。ブルーライトは、可視光線に含まれるため、疲れ目に影響があるとは一概に言い切れませんが、有害であるUVAに近い波長であることから、目への負担が大きいとも考えられます。

LEDとブルーライトの関連性
なお、LEDとブルーライトの関連性ですが、LED光源とCCFL光源に含まれるブルーライトのエネルギー量は、ほぼ同等であることが確認できています。

液晶モニターからブルーライトを減らす方法

ここでは、ブルーライトが疲れ目に影響があると仮定して、モニター表示の調整によって、どれだけブルーライトを減らすことができるかを検証します。

色温度を下げる

色温度を下げることで、光の分布がより長波長寄りになります。当社モニターの場合、初期値(6500~7000K)から5000Kに変更すると

ピーク波長のブルーライトが約20%カットできました

色温度を下げたときの効果

色温度と輝度を下げる

輝度を下げることで、光全体のエネルギー量が減少します。モニター最大輝度から、適切な輝度(約120cd/㎡)に調整を行い、さらに色温度を5000Kに調整すると

ブルーライトを約1/6に減少できました

輝度と色温度を下げたときの効果

モニター調整でブルーライトを削減可能

ちなみにEIZOでは…

モニターの輝度や色温度を幅広く調整できます。また、自動調光機能「Auto EcoView」と「Paperモード」などの「FineContrast機能」で、快適な表示を行いつつ、効果的にブルーライト削減が行えます。

技術資料:Auto EcoView機能について[PDF]

技術資料:Paper(紙)モードについて[PDF]

EIZOの製品紹介

各種の疲れ目対策技術を搭載した、エコ+エルゴノミクス配慮の高品質・高信頼性モニター。FlexScan EVシリーズ

FlexScan EVシリーズの疲れ目対策ポイント

  • 【Auto EcoView】明るすぎない最適な輝度に自動調整
  • 【EyeCare調光】LED特有の低輝度調整時のちらつき低減
  • 【FlexStand】作業しやすいモニター位置に調整
  • 【ノングレアパネル】目障りな反射や映り込みが目立たない
  • 【FineContrast】Paperモードなど用途ごとに最適表示
  • 【狭額ベゼル】マルチモニター時の視線移動がスムーズ

上記6つの疲れ目対策昨日を搭載した製品はこちら!

画面サイズ モデル名
31.5型(3840×2160) EV3237 (4K解像度&IPSパネル)
27.0型(2560×1440)

EV2750 (フレームレスデザイン&IPSパネル)NEW

EV2736W-Z (IPSパネル)

26.5型(1920×1920) EV2730Q (正方形フォーマット&IPSパネル)
24.1型(1920×1200)

EV2455 (フレームレスデザイン&IPSパネル) NEW

EV2416W-Z(TNパネル)

23.8型(1920×1080)

EV2450(フレームレスデザイン&IPSパネル) NEW

23.0型(1920×1080)

EV2316W-Z(TNパネル)

22.0型(1680×1050) EV2216W-Z(TNパネル)
21.5型(1920×1080) EV2116W-A※(TNパネル)

※EV2116W-Aは、EyeCare調光機能を搭載しておりません。

ピックアップ

  • パソコンで、なぜ疲れ目は起こるのか?
  • ディスプレイの疲れ目対策 10選
  • パソコン疲れ目対策講座 無料セミナー実施中!
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • イラストレーター必見!初めてのカラマネ講座
prev next