ColorEdgeを使ったモニター画面と写真プリントのカラーマッチング手順

プリンタの設定

前のページへ

プリンタのプリント方法の設定をしよう!

モニター画面と写真プリントをカラーマッチングさせるためには、写真データに忠実にプリントできるプリンタを使用する必要があります。また、プリントする際のプリンタのカラーマネージメント設定も正しく選択することが重要です。ここでは当社お勧めのいくつかのプリンタを例に、プリントする際の推奨設定を紹介します。
 

カラーマネージメントシステムを利用して画像をプリントする際は、表示ソフトウェアのカラーマネージメントシステムに従ってプリントを行う方法が一般的です。カラーマネージメントシステムを利用できる表示ソフトウェアにはAdobe PhotoshopとAdobe Photoshop Elementsなどがあります。また、Canon提供の「Print Studio Pro」、Epson提供の「Epson Print Layout」のように、カラーマネージメント対応の表示ソフトウェアを使ってプリントをサポートする、プリンタメーカー提供のプラグインソフトも利用できます。
下記の図よりお使いのOS、プリンタメーカー、表示ソフトウェアを選択して、カラーマネージメントシステムに従って、プリントを行う際のおすすめの設定方法をご確認ください。

Windows

 

Mac OS

 

<参考>

サンプル

テストプリントに活用できるプリントサンプルをご用意しています。

ダウンロード

 

まめ知識

プリンタが「印刷できる色」「印刷できない色」

下のYxy色度図、L*a*b*色空間(3D)のように、インクジェットプリンタで印刷できる色域に比べ、デジタル一眼レフカメラやColorEdgeでサポートするAdobe RGBの色域は広く、ColorEdge上で鮮やかな画像を表示できても実際にプリントすると、プリンタの色域から溢れる色が再現できず、マッチングが難しい場合があります。高品位なプリンタを使用することで、その色再現域は格段に向上し、より画面と近いプリント結果を得られやすくなります。

また、この色域の差を認識し、マッチング精度を上げるために、カラーマネージメントと校正設定に対応した表示レタッチソフトウェア(Adobe Photoshopなど)が必要なのです。このようなソフトウェアを使用すると、校正設定を利用してあらかじめモニター上でプリントのシミュレーションができるため、プリント用紙のICCプロファイル設定を行うことで、例えば彩度の高い色を含む画像をプリントする場合は、どれくらい彩度が下がるのかなどをモニター上で確認・調整してからプリントすることができます。

プリンタが「印刷できる色」「印刷できない色」

サンプル

プリンタの色再現精度を確認できるサンプルを用意しています。

ダウンロード

  • カラーパッチの色は、一般的なプリンタでは出力できない色に設定されています。
  • お使いのプリンタによっては、モニター画面と出力したカラーパッチの色が合わないことがありますので、マッチングの色確認には上記<参考>のテストサンプルを使用してください。

 

 

まめ知識

カラーマッチングに適したプリンタ選び

カラーマッチングに使用するプリンタはカラーマネージメントに対応した高品位のプリンタを使用することを推奨します。その理由は以下のとおりです。

  • 印刷直後からインクが安定しやすく、発色の変化が小さい(顔料インクを採用したプリンタは最適)
  • Adobe RGBやsRGB画像をできるだけ忠実に印刷できる
  • 色変換に使われるプリンタドライバ、ICCプロファイルの精度が高く実機の個体差が少ない

カラーマッチングにおすすめのEIZOモニターとプリンタの組み合わせ(2016年7月現在)

カラーマッチングに適したプリンタ選び カラーマッチングに適したプリンタ選び カラーマッチングに適したプリンタ選び
カラーマッチングに適したプリンタ選び
カラーマッチングに適したプリンタ選び カラーマッチングに適したプリンタ選び カラーマッチングに適したプリンタ選び
カラーマッチングに適したプリンタ選び


正しくプリントできたら、モニターの調整に戻ります。 お使いの調整ソフトウェアを選択してください。

カラーマネージメントソフトウェア ColorNavigatorを使用する フォトカラーマッチングソフトウェア ColorNavigator Elementsを使用する


カラーマッチング手順一覧

  • 上の図の各項目をクリックして、前の手順へ戻れます。復習にお使いください。