ビジネス・エンタープライズ

福井県大野市役所、大野市教育委員会 様

導入製品:

[市役所]

[小中学校]

大野市役所

 

導入背景

モニターの背面にシンクライアントや小型パソコンが背負えるなぜEIZOモニターを導入したのですか?
 もともと庁舎内では別メーカーの3年間保証のモニターを導入しており、5年に1度のペースで入れ替えをしていました。その中で、導入4年目、5年目に故障が多発し、修理にかかる費用と、入れ替えの作業の手間が増大していたことが課題としてあったため、次回更新では長期間保証のモニターを条件としました。
 また、当市でのパソコンの不具合の要因の多くは、熱や埃によるものでした。対策として、筐体を机の下の足元に置かず、机の上にパソコンを設置することを推奨していましたが、スペースの関係で足元に置かざるをえないケースも多く、完全な対策にはなっていませんでした。そこで合理的に机の上に設置する方法として、モニターの背面に本体を設置できるシンクライアントの導入を決め、モニターの背面に端末を背負えることもモニターの条件としました。
 EIZOモニターは5年間保証の上、PCを背面に設置できるスタンド付きのモデルがあったことから、EIZO製品を導入しました。
 庁舎内に導入したモニターが品質、画質ともに良かったことから、小中学校の担当者にEIZOモニターを案内しました。小中学校のパソコン教室では、多くのモニターとパソコンを利用しているため、故障の件数も多く、修理費用がかさむことが問題となっていました。さらに遠方の学校で不具合が起きた際には、修理費用に加えて作業の手間も問題となっていました。修理費用と作業の手間を削減することを目的として、小中学校のパソコン教室でもEIZOモニターを導入しました。

 

選定理由

大野市役所数あるメーカーの中から、EIZO製品を選択した理由を教えてください。
 5年間保証と、モニターの背面にシンクライアントを設置できることです。前述の通り、モニター(とパソコン)の修理費用の減少を目指していました。そのためには、信頼できる品質の製品及び会社が必要でした。EIZO製品は過去にも使用したことがあり、品質に信頼がおけると考えていました。
 次に、エコ機能の充実もポイントでした。庁舎内でも小中学校でも、パソコンの台数が多くなることで、電力使用量が増加していました。EIZOモニターには消費電力量が少なく、人感センサーによって離席時に画面が消え、消費電力が削減できるというメリットがありました。また、離席時に画面が消えることは、庁舎内での不在時に画面が映りっぱなしであることから起こる情報漏えいの抑止になると考えました。
 小中学校のパソコン教室のモニターは、7年間保証で、もし更新時期に予算がつかないということがあっても、7年間の保証があれば安心です。また故障時に貸出機のサービスがあることもメリットでした。
 

 

導入効果

寺西 智哉 企画主査
企画総務部 総務課 情報統計室
寺西 智哉 企画主査
導入後の環境の変化を教えてください。
 導入時をはじめ、モニターの不具合がほぼなく、修理にかかる費用と手間が削減されています。また、モニター背面にシンクライアントを背負わせたことで、熱や埃によるパソコンの不具合も減りました。
 以前は17インチを使っていたのを21.5インチにしましたが、パソコンを背面に設置したおかげで以前より机の上がすっきりし、机の上での作業の効率も上がりました。
 さらにモニターの解像度及び画質が良いことからパソコンでの作業効率が上がっており、特にCADやGIS(地理情報システム)を利用する部署や、写真を扱う広報の部署で非常に好評です。
 しっかりした筐体の存在感のおかげか、EIZO製品にしてから、使用者が以前よりモニターを大切に扱ってくれるようになったように思います。例えば、以前は見られなかった朝にモニターを掃除している姿も見受けられます。

 人感センサーで画面が消えることから、最初は戸惑いもあったと思いますが、人感センサーの感度の調整を個々人にやってもらうことで、職員に対する省エネとセキュリティの啓蒙活動にもなりました。
 当初想定していなかった導入効果として、庁舎内と出先機関のモニターを統一したことで、部署を異動しても環境が同じなので、違和感無く仕事に取り組めることも良いと聞きます。また、財産(備品)管理も楽になりました。
 小中学校のパソコン教室に導入したモニターも同様に不具合がほぼなく、修理費用と手間が削減されました。
養老 伸介 企画主査
企画総務部 防災防犯課
養老 伸介 企画主査

 

 

■大野市について
福井県大野市
ホームページ : http://www.city.ono.fukui.jp/

結の故郷結の故郷(ゆいのくに)
大野市では、農作業や冠婚葬祭において互いに助け合い、支え合う心「結(ゆい)」を大切にするため、「結の故郷(ゆいのくに)」づくりを推進しています。
ホームページ : http://yuinokuni.jp/

水への恩返し Carrying Water Project水への恩返し Carrying Water Project
また、大野市から、国内、世界に向けて水への感謝の想いを伝え、運び、また、水不足に悩む国や地域に貢献するための試みとして「水への恩返し Carrying Water Project」を実施しています。
ホームページ : http://www.carrying-water-project.jp/
 

導入製品:

FlexScan EV2116W
FlexScan EV2116W-ND(仮想デスクトップ環境対応モデル
FlexScan EV2116W-SP(小・中・高等学校専用のスクールパックモデル

導入事例