ヘルスケア

ハートライフ病院 様

 

ハートライフ病院では、2005年8月にフイルムレス化が始まり、2012年7月にはマンモグラフィのフイルムレス環境が整備されました。読影室、外科、医局、撮影室、生理検査、人間ドックの各部署に、EIZOの5メガピクセルモニターRadiForce GX540とGX530が合計15台配置されています。放射線科部長の高良先生と仲座技師長にモニターの導入効果について伺いました。

  高良 誠 氏   仲座 義富 氏
高良 誠 氏

放射線科 部長

仲座 義富 氏
放射線科 技師長

導入効果

読影効率の飛躍的な向上

フイルム運用時は、読影の際に石灰化の検出などで拡大鏡を使用していました。フイルムレス運用開始後は、モニターの使用と画像表示アプリケーションの等倍表示機能で、拡大鏡を使用する機会が激減しました。

また、同一患者様の現在、過去画像の比較読影が容易になり、読影効率が飛躍的に向上しました。

読影効率の飛躍的な向上
 

各部署で画像表示を均一化でき、円滑なワークフローを実現

各部署で画像表示を均一化でき、円滑なワークフローを実現

読影室の室内照明は調光方式にして、読影時の照度が約30ルクスになるよう設定しています。撮影室、診療科、人間ドックでは、窓からの直射日光や室内照明、シャウカステンなどの光がモニター画面に映り込んで、医用画像の読影、観察に影響が及ばないように、モニター使用時には暗幕を活用しています。

このモニター画面の映り込み防止対応により、撮影室、読影室、診療科の各部署で、モニターの性能を最大限に活かした、画像表示の均一化が実現でき、スムーズなワークフロー運営となっています。

導入後

読影医と放射線技師が連携して品質を管理

当院は、2005年11月にマンモグラフィ検診施設画像認定を受けました。読影医2人は検診マンモグラフィ読影認定を、女性放射線技師8人は全員撮影認定を取得しています。従って、読影医と放射線技師が共に、モニターの品質維持の重要性を理解しています。

読影室では、読影医が毎日、モニターを清掃後、EIZOのモニター品質管理ソフトウェアRadiCSでテストパターンをモニター画面上に表示させ、目視評価を実施しています。

読影医と放射線技師が連携して品質を管理

同様に撮影室では、放射線技師が当番制で、ファントム撮影を行い、モニター清掃後に、モニター品質管理ソフトウェアRadiCSでテストパターンを表示させ、毎日、目視評価を実施しています。

モニターを配置している全ての部署で、モニター品質管理ソフトウェアRadiCSを使用し、NPO法人日本乳がん検診精度管理中央機構が作成したデジタルマンモグラフィ品質管理マニュアルに則り、毎年、不変性試験を実施しています。モニター品質管理ソフトウェアRadiCSは、直感的に操作が出来るので、モニターの品質維持管理が容易に実現できています。


 
社会医療法人かりゆし会 ハートライフ病院
〒901-2492 沖縄県中頭郡中城村伊集208番地

http://www.heartlife.or.jp/hospital/


沖縄県中南部東海岸の基幹病院として、急性期医療・救急医療・がんの予防と治療の中心的役割を果たしています。

ハートライフ病院

 

導入製品

  • RadiForce GX540
  • RadiForce GX530
  • RadiCS
導入事例