EIZOクオリティを航空管制市場へ 「大空の安全を守る」というクリティカルなミッションを、 EIZOが様々な機能と高い信頼性でサポートします。

航空管制用メインモニター

EIZOでは、定番の2K×2K解像度モニターと、業界初となる4K×2K解像度モニターの2種類の液晶モニターを提供しています。 Raptor SQ2802は、デジタル/アナログ両対応の2K×2K解像度モニターです。デスクトップ、シャーシ、パネルマウントの3種類の筐体形状があり、さまざまな設置環境に対応しています。

DuraVision FDH3601は、航空管制用モニターとしては新しい4K×2K解像度表示に対応した液晶モニターです。36.4インチの大画面を全て使って4K×2K解像度表示が可能。また、従来通りの2K×2K解像度表示を2面に表示することも可能で、用途に応じて表示の切替えができます。また、光源に水銀レスのLEDバックライトを使用しており、環境に配慮した設計となっています。

航空管制用メインモニター image
航空情報表示用サブモニター image

高解像度モニター用グラフィックスボード

航空管制市場で求められる高解像度表示に対応した専用のグラフィックスボードを提供しています。メジャーなUNIX環境のサポートはもちろん、 Windows環境もサポートしています。これらのグラフィックスボードはファンレスのヒートシンクを採用しており、その構造上一般的なグラフィックス ボードに比べて長寿命が特長です。

運行状況記録システム

EIZOは、管制塔、司令塔、コントロールセンターの運行状況や、養成機関でのトレーニング結果など、特殊な解像度を記録するビデオレコーダーを提供しています。

Product Finder

ソリューション
航空管制用
リセット

対象製品