ニュースリリース

省スペース・軽量で使いやすい、大画面31.1型の超高解像度8メガピクセル医用画像参照モニターを発売

2017年2月21日

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、31.1型の電子カルテ画像表示モニター「RadiForce MX315W」を2017年6月30日に発売します。価格はオープン価格です。

※ オープン価格の製品は標準価格を定めていません。

 

1.概要

 「RadiForce MX315W」は、当社電子カルテ画像表示モニターとして初めて、8メガピクセルに対応します。超高解像度4096×2160ドットの情報量を表示可能な大画面で、さまざまなシステムとの連携で複数のアプリケーションやウィンドウを同時表示することの多い医療現場での作業を効率化します。

 MX315Wは、当社電子カルテ画像表示モニター史上最高の輝度450 cd/m2を実現。高い視認性を確保することで、医用画像の参照を行う医療現場での作業を長期にわたり支援します。

 また、MX315Wは大画面で電源を内蔵しつつも、奥行き225 mmのスリム設計で設置場所を取らず、11.7 kgの軽量設計で設置が容易です。

RadiForce MX315W

 

2.詳細

超高解像度で作業を効率化

 MX315Wは、当社電子カルテ画像表示モニターRadiForce MX-Series史上最高となる、超高解像度8メガピクセルモニターです。対角31.1型の大画面に、横4096×縦2160ドット(約800万画素)の情報量を表示できます。医療現場では、電子カルテシステムや医用画像管理システム(PACS)など、さまざまなシステムと連携しモニターを利用するため、複数のアプリケーションやウィンドウを同時表示することが多くなります。レイアウトの自由度が高いMX315Wを活用することで、CTやMRI画像のタイル表示や、過去と現在に行った検査画像の比較など、さまざまな検査画像を並べて表示でき、作業効率が向上します。
 

高輝度化により長期安定性を実現

 MX315Wは、発光効率の優れたLEDバックライト搭載パネルにより、当社電子カルテ画像表示モニターRadiForce MX-Series史上最高となる輝度450 cd/m2を実現しました。モニター内蔵の測定センサーでDICOM Part14準拠のキャリブレーション(補正)を簡単に行えるため、キャリブレーション推奨輝度270 cd/m2の維持を、ご購入日から3年間かつ製品使用10000時間保証します。高い視認性を常に保つことで、医用画像を参照するモニターとして、長期にわたり安定して使用できます。
 

省スペース・軽量設計で快適な作業空間

 MX315Wは、大画面ながら電源内蔵のスリム設計で、外形の奥行きを225 mmに抑えました。設置場所を取らず、卓上が有効に使えるので、快適な作業環境が得られます。また質量についても、電源をモニター部に内蔵しつつも、11.7 kgの軽量設計を実現しました。持ち運びが容易であり、設置時の負担を軽減します。
 


<展示会情報>
 当社は、2017年4月14日(金)~16日(日)にパシフィコ横浜で開催される「2017 国際医用画像総合展 (ITEM 2017)」で当製品を展示します。


RadiForce MX315Wの製品情報


※ DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)は米国放射線学会(ACR)と北米電子機器工業会(NEMA)によって定められた、医用画像データを機種やメーカーの異なる医療画像機器との間で相互にやり取りするための国際ネットワーク規格です。規格内の Part 14 にグレースケール画像表示のための標準表示関数が明記してあります。

お問合せ

【お客様からのお問合せ】

EIZO株式会社 営業1部 メディカル課
TEL:03-5764-3404 FAX:03-5764-3420

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/